弊社ウェブサイトではクッキーを使用しています。

より良いブラウジングを行う為、テーラーホブソンウェブサイトのクッキーを受け入れるようブラウザの設定をお願いします。

セミナーのご案内

テーラーホブソン「キャンパス」セミナー
 
 pdf版案内状はこちら

アメテック(株)テーラーホブソン事業部は2016年6月9日(木)、測定に関するセミナーを開催します。

高付加価値産業における高精度輪郭・形状・表面性状測定

-ベアリング、工作機械、自動車から航空機まで-

国内産業のオフショア化が進行して久しく、国内産業は更なる高付加価値化の圧力に晒されています。
工作機械における各機械要素は完成機の精度に直結し、付加価値の中心をなす部品です。

またエンジンの燃費向上を目的とした「クロスハッチ」に代表される、意図的なパターンを施した「構造表面」はさらに進化を遂げています。

隆盛する国内航空機関連産業では当然の理由から部品の完全なトレーサビリティと高精度測定が要求されています。テーラーホブソンは「高精度」であることはもちろん、モノを「正しく」測ることによって、加工付加価値向上が可能だと考えています。

例えば構造表面においては、「粗さが一定の値以下ならば良い」という良否判定ではなく、期待される機能に対して十分な深さや範囲の加工が行えているか、量的に正確に把握する必要があります。今回は機械要素の一つであるベアリングやボールねじの測定アプリケーションの紹介や、なぜテーラーホブソンの測定機なら正しく測定できるのか、そして生産効率を向上させる一括段取り連続測定やFA化への対応事例までをご紹介いたします。

また公演終了後には弊社装置で実際にアプリケーション事例の幾つかをご覧いただき、その後は技術交流会と題しまして弊社担当者とお客様を交えてのざっくばらんな交流の機会を設けます。


研究開発から生産技術、品証や現場の方まで広く皆様にご参加いただければ幸いです。

概要

日時:2016年6月9日(木)開場 12:30 開始 13:00

参加費:無料 定員:先着順 80名

※競合企業様ご関係者の参加はお断りさせていただきます。

場所: くるまプラザ貸会議室 〒105-0012 東京都港区芝大門1-1-30 芝NBFタワー1F

http://towa-kaigi.com/kuruma/map.html

お申し込み方法:

本ページ下部のフォームか、PDFファイルに記入いただき以下宛先にFAX/emailでご返送ください。

問合せ・申込先:アメテック(株)テーラーホブソン事業部 マーケティング 秋葉宛

TEL:03-6809-2406,FAX:03-6809-2410 E-mailkenichi.akiba@ametek.co.jp

セミナープログラム

12:30 開場    
13:00~13:05 イントロダクション アジア アプリケーションマネージャ 熊佐淳司  
13:05~13:50 講演1 「欧州・米国における新しいベアリング計測学」 真円度製品 担当マネージャ Jon Gardiner  
13:50~14:35 講演2 「最新の測定機が可能にする高精度測定」 技術顧問 宮下 勤  
       
14:35~14:50 休憩    
       
14:50~15:35 講演3 「タリロンドによる新しい測定・解析事例」 アジア アプリケーションマネージャ 熊佐淳司  
       
15:35~16:20 講演4 「一括段取り連続測定・FA化に適応する測定機活用法」 アプリケーションエンジニア 積田 慎吾  
16:20~ 装置実演    
18:00~ 技術交流会(立食形式) ※予定