弊社ウェブサイトではクッキーを使用しています。

より良いブラウジングを行う為、テーラーホブソンウェブサイトのクッキーを受け入れるようブラウザの設定をお願いします。

最新情報

ポータブル輪郭形状粗さ測定機「イントラ・コントア」をリリース

2017/09/11

ポータブル輪郭形状粗さ測定機 イントラ コントア

英国テーラーホブソン社はユニークな持ち運び可能なポータブル形状粗さ測定機として成功を収めた「イントラ」型測定機の設計に基づき、新しい輪郭形状および粗さの同時測定が可能なポータブル輪郭形状粗さ測定機「イントラ・コントア」をリリースいたします。イントラ・コントは18ビット電装系を用いることで、広く利用されている16ビットゲージの4倍の分解能を達成しています。本装置の最大の特長は最大32mmのワイドなZ測定レンジを備えながらも、輪郭形状と面性状の同時測定が可能な広範囲用検出器です。また高精度な粗さ測定が必要な場合高精度作動インダクタンス式の検出器にも切り替えることができ、広い範囲で輪郭形状と面性状を同時に測定、さらに高精度な粗さ測定という両方のニーズを満たすことが可能です。

独自のボール校正法

 

イントラシリーズの測定機はテーラーホブソン独自のボール校正法を使用し、測定レンジ全体で並ぶもののない優れた直線性を達成します。テーラーホブソンのボール校正ではボールによる一度の校正ですべての校正が完了し、マスタを切り替えて煩雑な校正を行う必要がありません。また段差やフラットを用いる多くの輪郭形状測定機は測定レンジ中の限られたデータ点数でしか校正をしていませんが、イントラシリーズでは使用したレンジのすべてのデータ点の校正が可能です。測定レンジのどの点で測定しても満足な測定結果が得られる、それがイントラです。

最大32mmのゲージレンジ、最高 0.8 nm の分解能 

広範囲測定用ワイドレンジゲージ:

32 mmレンジ (120 nm 分解能)

-   高精度モードは6.4mmレンジ (分解能25 nm)

20 mm レンジ (75 nm 分解能)

-    高精度モードは4mm レンジ (分解能15 nm)

高精度ゲージ:

2mm レンジ (7.6 nm 分解能)

-    高精度モードは0.4mm レンジ (分解能 1.5 nm)

1mm レンジ (3.8 nm 分解能)

-    高精度モードは 0.2mm レンジ (分解能0.8nm)

90mmZ高さ調整機構付き

 

装置は標準で90mmのZ方向の高さ調整機構を備え、さらにオプションで450mmまで高さ調整機構を延長して必要なワーク高さに合わせることができます。

タッチスクリーン対応Windows 10 PC

タッチスクリーンによるタッチ操作に対応した最新のオールインワンWindows 10PCで、マイクロソフトによる長期間のPCサポートが受けられます。またタッチ操作可能な測定・解析ソフトは多様な先進解析のほかに、標準でレポート作成の自動化や公差設定や自動合否判定といった機能を備えています。

多様な解析機能

 

「タリプロファイル」測定解析ソフトウェアは単に測定だけでなくレポート作成のことも考えたデスクトップ・パブリッシング機能を備え、Office系ソフトのように自由に写真を貼り付けたりテキストボックスを追加したりあるいは矢印を引いたりといった機能を備え、詳細でわかりやすい測定レポートの作成を可能にします。またCADとの比較やベアリングのゴシック形状の解析、寸法輪郭の自動解析を可能にするオプションソフトウェアといった、お客様の要求にお応えするオプションのグレードがご用意できます。