弊社ウェブサイトではクッキーを使用しています。

より良いブラウジングを行う為、テーラーホブソンウェブサイトのクッキーを受け入れるようブラウザの設定をお願いします。

最新情報

LUPHOScanによるフレネルレンズ測定

2017/03/21
これまで低精度なレンズとみなされてきたフレネルレンズですが、VR(ヴァーチャル・リアリティ)ヘッドセットを始めとして、厚みの削減と軽量化を必要とするアプリケーションで昨今高精度化の要求が高まっています。
 
LUPHOScanでは通常の球面・非球面に加え、ガルウィングやアキシコン(円錐)、セグメンテッドレンズ(例.Dカット)、環状リング他の特殊形状に対応し、
なおかつフレネルレンズを含む回折(ディフラクティブ)面の測定が可能です。
 
最新版のLUPHOScanソフトウェアでは、解析可能な回折領域の数が増加し、さらにフレネルの急峻な回折面に干渉しない細型の特殊プローブも開発しました。
LUPHOScanのフレネルレンズ測定機能(ソフトウェアオプション)では回折構造の最大段差600umまで、最大傾斜55度まで対応可能です。
 
更に詳しい内容は、フレネルレンズ測定カタログをご覧ください。
 
 

VR headset

Fresnel Measurement with LUPHOScan