弊社ウェブサイトではクッキーを使用しています。

より良いブラウジングを行う為、テーラーホブソンウェブサイトのクッキーを受け入れるようブラウザの設定をお願いします。

最新情報リスト

フォームタリサーフ i-シリーズ

フォームタリサーフインダクティブシリーズは、表面仕上げ、形状および外形測定の業界スタンダードです。

タリサーフ i-シリーズ

低ノイズ・高分解能な粗さ・うねり測定機自動車産業 。 ベアリング、ギアその他多数のアプリケーション向けうねり・粗さ測定機 。

フォームタリサーフ i-シリーズ

ワイドレンジ、高分解能を兼ね備えた、輪郭形状と表面性状の高精度測定システム

自動車、ベアリング、ギアの他、多数のアプリケーションに理想的なシステム

表面粗さ、輪郭形状を1台で
 フォームタリサーフ i-Seriesは同時に表面粗さと輪郭形状測定が可能な高精度測定機です。選択可能なゲージ範囲による柔軟性で種々のアプリケーションに対応しながらも、測定機の低ノイズ駆動軸と高分解能ゲージは測定値の一貫性を保証します。

用途に合わせた仕様で
 ネジ山からクランクシャフトまで、あるいはエンジンブロックから弁案内(バルブガイド)まで、要求仕様に合わせた設定を選択できます。 
ゲージレンジは1mm、2mmあるいは5mmから選択可能で、トラバース(x軸測長距離)は200mmまで選択できます。

温度補正
全てのi-Seriesのモデルには標準で温度補正機能がついています。この独自のシステムは環境温度を監視し、その変化をフィードバックすることによって一貫したシステムの性能と測定値の高い信頼性を確保します。

再現性の高い測定結果
数十年にわたる経験と、超精密機械加工における専門知識に加えてFEA(有限要素法)最適化された設計が、低いシステムノイズと測定軸のほぼ完ぺきな駆動機構を提供します。またトレーサブルな標準器と独自のアルゴリズムという改良が、測定機に起因する測定値の誤差を効果的に除去します。

柔軟性の高いアプリケーション対応力
表面性状、輪郭から3Dまで幅色いアプリケーションに1台で対応します。

詳細な表面性状
ノイズの少ない高分解能ゲージは粗さ、うねりや形状を一度の測定で取得します。
輪郭形状(Contour)
弊社の特許取得済み校正法ならば、半径、角度、高さ、長さ、距離その他の測定が可能になります。
3D
オプションの自動化されたY軸ステージとタリマップソフトウェアを使えば、通常の2D測定プロセスを3D解析ツールに変身させることができます。

多数のアプリケーションに対応可能です。下記はその例です。

  • シリンダーヘッド - 燃料バルブの表面仕上げ - バルブ角度
  • ローラーベアリング – 表面仕上げ – 形状誤差、CADデータ(DXF)との比較
  • 歯車 – 表面仕上げ、形状誤差
  • クランクシャフト – 表面仕上げ、すみ半径(フィレット半径)、CADデータ(DXF)との比較
  • ボールねじ – ピッチ、アングル、形状及び長さ寸法

Q-Link SPC ソフトウェア・インターフェース
Q-Linkは単純さ、柔軟性とトレーサビリティを兼ね備えた高機能SPCソフトウェア製品です。Q-LinkならばCSV形式のデータ出力や、Q-DAS規格に準拠したSPC(統計管理)ソフトウェアと直接データのやり取りができ、製造工程にダイレクトにフィードバックを送ることが可能になります。

タリサーフ i-シリーズ

タリサーフi-シリーズはうねりと表面粗さの測定が可能な簡単操作の測定機です。測定機の低ノイズ駆動軸と高分解能ゲージが測定値の信頼性を確かなものにします。

数十年に及ぶ経験と超精密機械の専門技術を活かした有限要素解析(FEA)最適化設計により、測定軸の低ノイズと完成された動作機構を提供します。さらに、トレーサビリティの確立された標準器と専用アルゴリズムにより、測定機自体の影響を測定結果から効果的に除去します。

比類ない測定性能

表面性状
低ノイズ・高分解能のゲージにより、一度の測定で粗さ、うねりの測定が可能です。

多様なパラメータ
-Rk、R&W、主波長(dominant wavelength)解析その他の多様な追加パラメータが利用可能...

柔軟で使い易い測定機

強力な制御ソフトと解析ソフトの組み合わせで粗さとうねりの測定が従来よりも簡単に

- ゲージ校正
- Q-Link プロダクション・インターフェース
- 形状最適化
- 優れたゲージ技術

Date Article Title   Description
19/05/17 ローラベアリング測定事例   ローラベアリングX軸オフセット量の定量化事例
19/05/17 オートコリメータによる直角度・平行度の測定ビデオ   Ultra型オートコリメータによる測定例
21/03/17 LUPHOScanによるフレネルレンズ測定   最大600um段差、最大傾斜55度まで測定可能
21/03/17 OPIE'17 レンズ設計・製造展に出展いたします   4月19日(水)-21日(金) 10:00~17:00 ブース:I-2
11/01/17 光学・医療・ベアリング産業のアプリケーション事例集をリリースしました   産業別のアプリケーション事例ご紹介
01/12/16 光学セミナーをプレシテック事業部、ザイゴ事業部と共催(1月26日木曜)   ザイゴ、プレシテック事業部と合同で光学産業向けセミ...
04/11/16 LUPHOScanに更なる高精度化を果たしたモデルが登場   LUPHOscan 260HDをリリースしました
17/10/16 多量部品測定に対応した新型真円度測定機、タリロンド500HSシリーズを発表しました   高い精度で一括段取り測定が可能
16/09/16 第28回日本工作機械見本市(JIMTOF2016)   本年もJIMTOFに出展いたします
05/07/16 現場向け真円度測定機の導入事例資料   栃木県の(株)ナカニシ様でのサートロニックラウドネス導...
04/04/16 6月9日「キャンパス」セミナー開催   高付加価値産業における高精度輪郭・形状・表面性状測...
17/03/16 インターモールド 2016に出展いたします   2016年4月20日(水)-23日(土) インテックス大阪 ブース:6A-307
17/03/16 [5/11追記]OPIE '16 レンズ設計・製造展に出展、出展者セミナー開催   2016年5月18日(水) - 20日(金) パシフィコ横浜 ブース:H-2
29/02/16 レンズ測定における先進の接触式・非接触式双方の測定法   - アプリケーションノート
29/02/16 レンズ金型を完全非接触で3D特性評価   インターアライメントモ...

ページ 1 of 3  > >>