弊社ウェブサイトではクッキーを使用しています。

より良いブラウジングを行う為、テーラーホブソンウェブサイトのクッキーを受け入れるようブラウザの設定をお願いします。

最新情報リスト

薄膜測定

はじめに

薄膜の調査への白光干渉分光法(SMLI)の使用は、測定への理解が増えるに従って、ますます広がっています。干渉分光法を使用した1.5ミクロン以上の厚膜の測定技術は、この数年間で利用可能になりましたが、これより薄い膜の測定は、はるかに最近の選択肢です。

円柱螺線複合場(HCF)関数の適用が、最小厚さ20~30 nmまでの半透明薄膜の正確な表面測定の可能性を開きました。HCF関数の心躍る進展は、真の上面および界面の粗さおよび膜厚の調査を可能にします。

薄膜の解析

表面への透明または半透明の薄膜の被覆では、2つの面に起因するフリンジエンベロープを分解できると、SWLIを使用して膜厚を測定することができます。これは、フィルムの屈折率によって異なりますが、1~2ミクロンの確かさで測定できるフィルムの最小厚さを制限します。

フィルムが薄すぎて個々のフリンジエンベロープを分解できない場合、異なる方法を使用する必要があります。1つの解決法は、薄膜被覆の情報を抽出するために、円柱螺線複合場(HFC)関数を未処理データに適用することです。

この技術により、材料の光学的プロパティの一部の知識と組み合わせて、少なくとも約20~30 nmの薄膜の厚さまで正確に計算できます。この技術により、多層フィルムの厚さを測定できます。

上面および界面の粗さ

干渉分光法の主要な課題の1つは、被膜が存在する場合の表面粗さの測定でした。多くの場合、測定された粗さは、上面の粗さと界面の粗さの組み合わせです。HCF関数のSWLIへの適用は、正確な表面粗さを得るために使用することもできます。これには、上面および薄膜と基板の間の界面に対する正確な解析が含まれます。

詳細情報      
Date Article Title   Description
19/05/17 ローラベアリング測定事例   ローラベアリングX軸オフセット量の定量化事例
19/05/17 オートコリメータによる直角度・平行度の測定ビデオ   Ultra型オートコリメータによる測定例
21/03/17 LUPHOScanによるフレネルレンズ測定   最大600um段差、最大傾斜55度まで測定可能
21/03/17 OPIE'17 レンズ設計・製造展に出展いたします   4月19日(水)-21日(金) 10:00~17:00 ブース:I-2
11/01/17 光学・医療・ベアリング産業のアプリケーション事例集をリリースしました   産業別のアプリケーション事例ご紹介
01/12/16 光学セミナーをプレシテック事業部、ザイゴ事業部と共催(1月26日木曜)   ザイゴ、プレシテック事業部と合同で光学産業向けセミ...
04/11/16 LUPHOScanに更なる高精度化を果たしたモデルが登場   LUPHOscan 260HDをリリースしました
17/10/16 多量部品測定に対応した新型真円度測定機、タリロンド500HSシリーズを発表しました   高い精度で一括段取り測定が可能
16/09/16 第28回日本工作機械見本市(JIMTOF2016)   本年もJIMTOFに出展いたします
05/07/16 現場向け真円度測定機の導入事例資料   栃木県の(株)ナカニシ様でのサートロニックラウドネス導...
04/04/16 6月9日「キャンパス」セミナー開催   高付加価値産業における高精度輪郭・形状・表面性状測...
17/03/16 インターモールド 2016に出展いたします   2016年4月20日(水)-23日(土) インテックス大阪 ブース:6A-307
17/03/16 [5/11追記]OPIE '16 レンズ設計・製造展に出展、出展者セミナー開催   2016年5月18日(水) - 20日(金) パシフィコ横浜 ブース:H-2
29/02/16 レンズ測定における先進の接触式・非接触式双方の測定法   - アプリケーションノート
29/02/16 レンズ金型を完全非接触で3D特性評価   インターアライメントモ...

ページ 1 of 3  > >>