弊社ウェブサイトではクッキーを使用しています。

より良いブラウジングを行う為、テーラーホブソンウェブサイトのクッキーを受け入れるようブラウザの設定をお願いします。

製品技術情報

ダイヤモンド切削非球面レンズの形状測定

非球面レンズは、今や、あらゆる産業、国防、消費財など様々な領域で必要とされています。テーラーホブソンの提供する測定機は、非球面レンズのメーカーの間で、極めて高い評価を得ています。

光ファイバコネクタの形状測定

光ファイバのV溝コネクタは、ゼロディアをはじめとする様々な素材から作られています。これらの素材を使うには、未加工の塊を超精密ミリング加工で処理する必要があります。

研磨レンズの表面あらさ

研磨レンズやダイヤモンド切削レンズには、しばしば1-2nm RMSという非常に高い表面形状精度が求められます。フォームタリサーフPGIアスフェリックは、高度な二次元表面形状測定機能を提供します。

ディフラクティブレンズの形状測定

非球面のベースカーブを持つディフラクティブレンズは、通常、単結晶ダイヤモンド切削法によって製作されます。

研削・研磨非球面レンズの形状測定

伝統的に、ガラスや結晶性の素材から作られた球面レンズは、研削と研磨によって仕様書通りの形状、表面形状に仕上げられます。

マイクロレンズアレイの3次元測定

マイクロレンズアレーは比較的新しいテクノロジーで、今日では光交換、DWDM、導波管など幅広い分野で利用されています。

レーザーエタロンの寸法測定

エタロンは、ハイスペック(λ/100 かそれ以上)な平面レンズで、特定の周波数のレーザー光を収束するために用いられます。エタロンには極めて高い平面度が要求されるため、表面仕上げと段差/アライメントの測定要件は、非常に厳しくなります。

自由曲面レンズ

非回転対称(自由曲面)レンズの使用は、民間産業と軍事産業の両方で、次第に一般的になりつつあります。超精密ラスターミリング加工などの先端的な製造技術のお陰で、多様な形状を作ることが可能です。

ダイヤモンド切削非球面レンズの形状測定

非球面レンズは、今や、あらゆる産業、国防、消費財など様々な領域で必要とされています。テーラーホブソンの提供する測定機は、非球面レンズのメーカーの間で、極めて高い評価を得ています。

単結晶ダイヤモンド切削法 (SPDT) は、高精度非球面レンズのスピーディーで効率的な生産を実現しました。要求される形状精度がサブミクロンオーダーであるため、生産工程における測定機での検査は不可欠です。テーラーホブソンのフォームタリサーフPGIアスフェリック測定機は、1ナノメートルの形状精度を実現し、光学部品ユーザのためのグローバルスタンダードを確立しました。フォームタリサーフについては、以下の詳細を参照してください。

「アスフェリック解析」ソフトウェアユーティリティ

テーラーホブソンの優れたアルゴリズムを利用した非球面レンズの解析用ソフトウェアです。PGIアスフェリックシリーズには、形状誤差・表面形状パラメータ、半径最適化、 SAG テーブル、アステイグマティズム解析の機能を標準搭載。さらに、部品の測定解析データから直接、非球面係数を割り出すことを可能にする独自の係数算出モジュールも提供しています。

光ファイバコネクタの形状測定

光ファイバのV溝コネクタは、ゼロディアをはじめとする様々な素材から作られています。これらの素材を使うには、未加工の塊を超精密ミリング加工で処理する必要があります。

ファイバを正確にアライメントし、伝送損失を最小限に抑えるには、同コネクタの特徴であるV溝断面形状をサブミクロンオーダーで管理しなければなりません。また、表面仕上げにもナノメートルレベルの正確さが求められるため、微細な表面粗さも、重要なプロセス制御パラメータとして管理が必要となります。

テーラーホブソンのフォームタリサーフは、「Ultraコントア」ソフトウェアに入っている特別仕様の寸法解析機能と組み合わせて使うことで、V溝コネクタの理想的な測定手段となります。測定機の詳細については、以下のリンクを参照してください。

「Ultra二次元表面形状解析」ソフトウェア

長さ、角度、半径を部品のCADデータとの直接比較して解析。ピッチや角度をはじめとするV溝の主要な寸法特徴を、カスタマイズ可能な自動ルーチンで評価が可能。プロセス制御用に許容誤差測定ならびにレポート作成のオート機能付。

研磨レンズの表面あらさ

研磨レンズやダイヤモンド切削レンズには、しばしば1-2nm RMSという非常に高い表面形状精度が求められます。フォームタリサーフPGIは、高度な二次元表面形状測定機能を提供します。

また、テーラーホブソンのCCI超高性能非接触式三次元プロファイラは、サブオングストローム(1オングストローム=0.1ナノメートル)の精度で、超精密加工面の表面形状測定が可能です。「タリマップ三次元解析」ソフトウェアは、製造業者と研究者の双方に、表面トポグラフィーに関する強力なツールとなり得ます。タリサーフの詳細については、以下のリンクを参照してください。

「Ultra 二次元表面形状解析 」ソフトウェア

表面粗さ解析に使用するISOパラメータとフィルタの総合パッケージ。強力なプログラミング機能とレポート作成機能を搭載。

「タリマップ三次元解析」ソフトウェア

精密測定用に特別に設計されたタリマップのオプションは次の通り。ズーム、フィルタリング、最小二乗法によるレベリング、対称、回転、しきい値設定、円筒、球、ポリノミナル面の消去、その他多数。

 

ディフラクティブレンズの形状測定

非球面のベースカーブを持つディフラクティブレンズは、通常、単結晶ダイヤモンド切削法によって製作されます。

このプロセスを正確に制御して、サブミクロンの形状精度を実現するには、テーラーホブソン社のフォームタリサーフが不可欠です。

ディフラクティブレンズやミラーには、部品の光学的パフォーマンスを左右する数々の主要な寸法特性があります。ベースとなる非球面形状、ゾーンの高さと直径、表面形状などがそうした特徴の例です。テーラーホブソンでは、長年にわたり、このような高度に専門化された測定ソリューションを提供してきました。タリサーフの詳細については、以下のリンクを参照してください。

「アスフェリック解析」ソフトウェアユーティリティ

テーラーホブソンの優れたアルゴリズムを利用した非球面レンズの解析用ソフトウェアです。PGIアスフェリックシリーズには、形状誤差・表面形状パラメータ、半径最適化、 SAG テーブル、アステイグマティズム解析の機能を標準搭載。さらに、部品の測定解析データから直接、非球面係数を割り出すことを可能にする独自の係数算出モジュールも提供しています。

研削・研磨非球面レンズの形状測定

伝統的に、ガラスや結晶性の素材から作られた球面レンズは、研削と研磨によって仕様書通りの形状、表面形状に仕上げられます。

非球面レンズも、通常、同じ方法で作られますが、高い処理効率と品質を実現するために、CNCテクノロジーを必要とします。シュナイダー / QED、オプトテック、LoHなど主要なサプライヤーが提供する現代のCNC研削・研磨機はいずれも、テーラーホブソンのフォームタリサーフPGIアスフェリック測定機と完全互換機能を有します。

フォームタリサーフからの測定結果フィードバックは、研削・研磨によって出来上がった非球面形状の最適化を可能にし、1/10オングストロームの精度を実現します。タリサーフの詳細については、以下を参照してください。

「アスフェリック解析」ソフトウェアユーティリティ

テーラーホブソンの優れたアルゴリズムを利用した非球面レンズの解析用ソフトウェアです。PGIアスフェリックシリーズには、形状誤差・表面形状パラメータ、半径最適化、 SAG テーブル、アステイグマティズム解析の機能を標準搭載。さらに、部品の測定解析データから直接、非球面係数を割り出すことを可能にする独自の係数算出モジュールも提供しています。

マイクロレンズアレイの3次元測定

マイクロレンズアレーは比較的新しいテクノロジーで、今日では光交換、DWDM、導波管など幅広い分野で利用されています。個々のレンズの大きさがわずか15um ほどであるため、サブミクロンの形状誤差とオングストロームオーダーの表面形状を測定するのは非常に困難で、特殊な測定法が必要です。

タリサーフCCIシリーズは、この難題に対処しています。タリサーフの詳細については、以下のリンクを参照してください。

「タリマップ三次元解析」ソフトウェア

精密測定用に特別に設計されたタリマップのオプションは次の通り。ズーム、フィルタリング、最小二乗法によるレベリング、対称、回転、しきい値設定、円筒、球、ポリノミナル面の消去、その他多数。二次元プロファイルの抽出、アスフェリック解析ユーティリティへの転送も可能(以下参照)。

「アスフェリック解析」ソフトウェアユーティリティ

テーラーホブソンの優れたアルゴリズムを利用した非球面レンズの解析用ソフトウェアです。PGIアスフェリックシリーズには、形状誤差・表面形状パラメータ、半径最適化、 SAG テーブル、アステイグマティズム解析の機能を標準搭載。さらに、部品の測定解析データから直接、非球面係数を割り出すことを可能にする独自の係数算出モジュールも提供しています。

 

レーザーエタロンの寸法測定

エタロンは、ハイスペック(λ/100 かそれ以上)な平面レンズで、特定の周波数のレーザー光を収束するために用いられます。エタロンには極めて高い平面度が要求されるため、表面仕上げと段差/アライメントの測定要件は、非常に厳しくなります。テーラーホブソン社では、接触式と非接触式の新しい測定法によって、この難問を解決しました。タリサーフの詳細については、以下のリンクを参照してください。

「Ultra コントア二次元解析」ソフトウェア

部品の製図データとの直接比較を通して、長さ、角度、半径を解析。段差や角度をはじめとするエタロンの主要な寸法特徴について、カスタマイズされた自動ルーチンによる評価が可能。プロセス制御のための公差測定ならびにレポート作成のオート機能付

「タリマップ三次元解析」ソフトウェア

精密測定用に特別に設計されたタリマップのオプションは次の通り。ズーム、フィルタリング、最小二乗法によるレベリング、対称、回転、しきい値設定、円筒、球、ポリノミナル面の消去、その他多数。

 

自由曲面レンズ

非回転対称(自由曲面)レンズの使用は、民間産業と軍事産業の両方で、次第に一般的になりつつあります。超精密ラスターミリング加工などの先端的な製造技術のお陰で、多様な形状を作ることが可能です。

自由形状レンズは、印刷/スキャン、ヘッドアップディスプレイ、メガネレンズなどで、よく使用されています。テーラーホブソンのフォームタリサーフは、回転対称レンズの二次元測定という分野におけるマーケットリーダーとして長期間、その地位を不動としてきました。このテクノロジーは現在、自由曲面レンズの測定にも利用されています。タリサーフの詳細については、以下のリンクを参照してください。