弊社ウェブサイトではクッキーを使用しています。

より良いブラウジングを行う為、テーラーホブソンウェブサイトのクッキーを受け入れるようブラウザの設定をお願いします。

中東

タリマップ/タリプロファイル コントア

タリマップ・タリプロファイルの追加オプションとして利用できるコントア(輪郭)ソフトウェアは、その名の通り輪郭形状解析に使われるソフトウェアです。ゴシックアーチ形状の解析等、ベアリング産業を始め寸法・形状を正確に測定しレポーティングするのに適しています。

タリプロファイル

タリマップの二次元版、形状粗さの強力な解析・レポーティングソフトウェアです。サートロニックシリーズから上位のフォームタリサーフシリーズのテーラーホブソン製形状・粗さ測定機に対応しています。

DXFクリエイター+(アドバンスド)デュアルプロファイル

CAD図面(DXF形式)の取り込みが可能なDXFクリエイターソフトウェアと、プロファイルの重ね合わせを可能にする(アドバンスド)デュアルプロファイルソフトウェアの組み合わせで測定結果を加工に正確にフィードバックすることを可能にします(事例紹介)。

タリマップ/タリプロファイル コントア

幾何学形状解析ソフトウェア
Talymap/Talyprofile Contour

コントア(輪郭)の名を与えられたタリマップ/タリプロファイル・コントアは、
幾何形状を解析し、解析結果のレポーティングを自動化するソフトウェアです※。

以下の様な操作が可能です。

・数値上の形状評価
・CAD設計データとの比較
・プロファイルの寸法公差を解析
・アライメントや基準点・寸法の定義を自動化し解析時間を短縮
・レポート作成を自動化
・解析工程を履歴としてすべて記録し後から自在に変更可能

更に詳しい内容については、カタログを御覧ください。

※テーラーホブソン製測定機専用 
※3次元解析ソフトウェア「タリマップ」の二次元版 が「タリプロファイル」です。
輪郭解析は二次元であり、「タリマップ・コントア」 と「タリプロファイル・コントア」の内容は基本的に同一です。 

タリプロファイル

タリプロファイル  ソフトウェア Talyprofile Software

弊社の三次元解析ソフトウェア「タリマップ」の二次元版として、測定断面を表す「プロファイル」の名称が付けられた「タリプロファイル」ソフトウェアはサートロニック25やサートロニックS-100シリーズ、イントラやフォームタリサーフ、さらにタリサーフCCIなどテーラーホブソン製の二次元形状粗さ測定器で利用可能な輪郭形状・粗さの解析ソフトウェアです。
強力な解析機能とDTP機能で、測定解析の現場を強力にバックアップします。


サートロニックシリーズ25およびS-100ではPCとUSB(RS232C)接続することで、機能が限定された無料の「タリプロファイル ライト」を使用することができます。

  • 簡単に操作できるUIで素早い測定レポートの作成が可能、さらに操作履歴が残りどの段階からもやり直し可能
  • 目視でプロファイル曲線を確認しての解析、寸法解析が可能
  • テンプレート機能でいつも実施している測定後の解析を自動化、解析を省力化できます
  • ISOの全てのパラメータ及び各国の2Dパラメータが利用できます(一部オプションの場合があります)

現場と測定室、R&D開発どの場所でもご利用いただけます。
ソフトには機能別に複数のバージョンがあり、「タリプロファイル シルバー」は生産現場環境向けの必要最低限の機能を搭載したバージョンです。

DTP機能

ソフトは使い慣れたオフィスソフトのような直感的なインターフェースを備え、測定結果や解析結果を分かりやすいグラフや表で表現できます。
また会社ロゴやワークの写真などをドラッグアンドドロップで追加したり、ワークの詳細な情報を書き込む記入欄などを自由に作成するといった
強力なデスクトップ・パブリッシング機能を備えています。

強力な解析機能

プロファイル曲線はレベリングをし、拡大/縮小をしたりゴミが載ってゆがんでしまった特異点を削除・レタッチすることが可能です。
測定箇所間の寸法は簡単に測定することができ、結果は視覚的・数値的に出力されます。
段差高さや穴深さ、山などの表示も可能です。

時間を節約するテンプレート化機能

「テンプレート」機能とは、一連の任意の解析工程を保存しておき、次に測定を行った際にそれら解析を自動で実行・自動で出力する機能です。
これにより、面倒な測定レポート作成にかかる時間は単にボタンをひと押しするだけの時間まで削減できます。

タリプロファイルのDTP機能は測定結果と測定断面を完璧にレポートできます。
グラフ、プロファイル、測定値や解析値は自由にレイアウトでき、印刷したりワープロソフトに出力してさらに別のレポートに利用といった
柔軟な使い方が可能です。

完全な互換性

テーラーホブソンの形状粗さ測定機の測定データはすべてタリプロファイルソフトにインポートでき、
現場から品証、生産管理から研究開発までレポート形式を社内で統一することが可能です。

DXFクリエイター+(アドバンスド)デュアルプロファイル

テーラーホブソンのDXFクリエイターユーティリティは、測定結果とCAD図面(DXFファイル)の比較を可能にするためのソフトウェアです。

具体的には、DXFファイルと測定データの相互変換を含む、以下の操作が可能です
  • 数式からDXFファイルファイルを生成
  • DXFファイルからフォームタリサーフ測定データ(PRF形式ファイル)への変換が可能
  • 作成するファイルに複数の公差領域の設定が可能
  • ポリライン構造の作成が可能

※ポリラインとはCADソフト等で使われる、一つのオブジェクトとして生成される直線セグメントや円弧セグメント、またはそれらの組み合わせを指します。

読み込みのできるファイル
  • 測定や図面のデータファイル(DXF、XLS、PRF、MOD、PRO、PLNやCSV)
  • 任意の数式(matlab形式)
  • その他の数式のパラメータ入力

変換したCAD図面は、例えば二つのプロファイルを自動でアライメントし重ね合わせる「デュアルプロファイル」機能で、二つのプロファイルの直感的な比較が可能になります。

単純な視覚的な比較だけでなく、デュアルプロファイル機能により
  • 設計図面と実測プロファイルの比較
  • 以前の測定結果と現在の測定結果を比較し、加工機ツールの摩耗状態を把握
  • 以前の測定結果と現在の測定結果を比較し、環境変化による測定機への影響を調査
  • フリーフォーム等の一部存在する非球面式ではなくCAD図面によって定義される光学部品の設計データと測定データの比較

本ソフトウェアを使った測定解析事例を此方からお読み頂けます。