弊社ウェブサイトではクッキーを使用しています。

より良いブラウジングを行う為、テーラーホブソンウェブサイトのクッキーを受け入れるようブラウザの設定をお願いします。

テクニカルサポート

シリンダーヘッドとブロック

従来の測定機器では、シリンダーヘッドやブロックのようなプリズム状の部品の真円度および表面仕上げを測定することは困難でした。

ピストン、ピン、リング

駆動中のピストンには、様々な圧力や歪力がかかり、その結果、ある種の歪みが生じます。ピストンの設計者は、そのような変化が生じても大丈夫なようにピストンを製作することで、この歪みを予測しようとします。

燃料インジェクタ

自動車の排気ガスに対する規制の強化は、燃料インジェクタ等の部品における公差の範囲が狭くなることを意味します。公差の狭い部品には、正確性の高い計器が必要です。一般的なレール状の部品の測定には、サブミクロンの真円度測定機能と非常に正確でノイズの少ない表面形状測定機能の組み合わせが不可欠です。

パネルとフェイシア

車体や内部のフェイシアの各パーツは、それぞれ異なるテクスチャーを持っているため、塗装の際の色合わせは時に困難です。例えば、車のダッシュボードにあるエアバッグのパネルは、ボードと同じ色でなければなりません。

ホイールドラムとブレーキディスク

ホイールベアリングやディクスブレーキにおける振動の制御は、製造工程でロービングやチャタリングを排除したり、ブレーキパッドが正常に機能するのに必要な摩擦係数を確保したりすることで実現します。適切な装置を使えば、簡単にこれらの作業を行うことが出来ます。

クランクシャフトとカムシャフト

強力な測定・解析ツールは、ベアリングやピンのアライメントや調和性、メインに対するピンの平行度、フィレット半径、油穴のウォッシュアウト、ベアリング指数など、様々な特徴の測定を可能にします。

コネクティングロッド

エンジンを構成する部品の中で、おそらく最も負担が大きいのがコネクティングロッドです。常に大きな負荷に耐え、継続的に変化する圧力にさらされているコンロッドは、エンジンサイクルで大きな役割を果たしています。

トランスミッション

テーラーホブソン社の測定機は、部品の幾何学的形状やアライメント、表面仕上げのコントロールを可能にし、信頼性を高める一方で、パワーロスや疲労、ノイズなど望ましくない影響を減らすのにも役立ちます。タリロンドとタリサーフの汎用性、そして幾何学的配置は、測定に関わるあらゆる問題に対する解決法を提供します。

シリンダーヘッドとブロック

従来の測定機器では、シリンダーヘッドやブロックのようなプリズム状の部品の真円度および表面仕上げを測定することは困難でした。しかし、適切な機器を使用すれば、カムやクランクのボアなど、細長いボアのアライメントや同心度のチェック、そしてバルブのボアに対するバルブガイドの角度の測定がすべて可能になります。

テーラーホブソン社の真円度測定機は、バルブガイドのバルブシートに対する同心度、カムとクランクのボアのアライメント、シリンダー内筒の円筒度と真直度など、様々な幾何公差の評価を可能にします。タリロンド測定機の詳細については、以下のリンクを参照してください。

エンジンブロックやヘッドには、研削、旋盤、研磨、プラトーホーニングなど多様な表面加工が施され、形状もラジアル、角あり、直線など様々です。色々なタイプの表面、形状について包括的な解析を行うには、フォームタリサーフのような汎用性の高い測定機が必要です。詳細については、以下を参照してください。

ピストン、ピン、リング

駆動中のピストンには、様々な圧力や歪力がかかり、その結果、ある種の歪みが生じます。ピストンの設計者は、そのような変化が生じても大丈夫なようにピストンを製作することで、この歪みを予測しようとします。円筒度、真円度、真直度など通常の幾何学的解析だけでは、ピストンの形状を充分に決定することはできません。テーラーホブソン社は、長期にわたるピストンメーカーとの提携を通じて、新しい測定法を生み出しました。

テーラーホブソン社の真円度測定機は、ピストンの半径方向ならびに軸方向の形状、ガジョンピンやリストピンの円筒度、さらには厚みのばらつきやピストン溝の形状の評価を可能にします。タリロンド測定機の詳細については、以下のリンクを参照してください。

ピストンリングとピン、リング溝シール面の耐摩耗性の検査には、テーラーホブソン社の表面形状測定機シリーズが有用です。詳細については、フォームタリサーフに関する以下の情報を参照してください。

「ピストン」ソフトウェア

真直度の測定機能を備えたテーラーホブソン社の真円度測定機はいずれも、ピストンの幾何学的形状を測定することができます。「ピストン」ソフトウェアは、そのデータからピストンの半径方向および軸方向の形状を解析し、設計データとの比較を行います。その結果は、公差を考慮した設計ならびに機械加工プロセスへのフィードバックに利用できます。ダンベルもしくは光学トリガー装置によって、ピストンの長軸・短軸に対するガジョンピンやリストピンのボアのアライメントも可能です。

燃料インジェクタ

自動車の排気ガスに対する規制の強化は、燃料インジェクタ等の部品における公差の範囲が狭くなることを意味します。公差の狭い部品には、正確性の高い計器が必要です。一般的なレール状の部品の測定には、サブミクロンの真円度測定機能と非常に正確でノイズの少ない表面形状測定機能の組み合わせが不可欠です。

インジェクタのシート面の真円度および触れについては、サブミクロンの正確さで信頼度の高い測定を行うことが可能です。測定結果は、インジェクタの生産に必要な厳密なプロセスをコントロールするのに役立てることができます。タリロンドの詳細については、下のリンクを参照してください。

テーラーホブソン社の表面形状測定機は、ラジアル、角あり、直線など部品の形状を問わず、一回の計測で形状と表面仕上げの測定を行い、包括的な解析を行うことができます。詳細については、フォームタリサーフに関する以下の情報を参照してください。

自動車の排気ガスに対する規制の強化は、燃料インジェクタとその関連部品の幾何学的形状および表面仕上げについて、公差の範囲が狭まることを意味します。そこで決定的に重要なのは、ピンとバルブ本体のシート面の、それぞれの軸に対する同心度です。例えば、バルブピンのシャフトを高い精度でバルブ本体にはめ込む場合、シャフトの円筒度だけでなく、シート面のシャフト本体に対する同心度も非常に重要です。どちらかに何らかのエラーがあった場合、ピンがバルブ本体に不適切な形で収まることになり、結果として燃料のコントロールに不備が生じたり、流量が低下したりします。こうした事態を避けるには、タリロンド395のような高精度の真円測定機を利用した測定が必要です。同測定機は、極めて正確な位置制御機能と0.2um未満の自動センタリングプロセス機能を搭載した高精度データムのお陰で、現在手に入る最も高性能の測定機のひとつです。

パネルとフェイシア

車体や内部のフェイシアの各パーツは、それぞれ異なるテクスチャーを持っているため、塗装の際の色合わせは時に困難です。例えば、車のダッシュボードにあるエアバッグのパネルは、ボードと同じ色でなければなりません。しかし、両者の色素が同じであっても、テクスチャーが違えば、全く違って見えてしまいます。

表面仕上げを一度トレースするだけで充分な場合もありますが、このようなケースでは、表面のテクスチャーの3次元イメージが同一テクスチャーの再現を可能にし、見た目の美しさをコントロールするのに役立ちます。

部品の表面を繰り返しトレースすることで、表面の3次元イメージが抽出されます。抽出されたイメージは、部品の機能的作用の予測に役立ち、生産プロセスのコントロールを可能にします。タリロンドの詳細については、以下のリンクを参照してください。

塗装後の表面に特定の振幅のピークが多すぎると、仕上がりに影響がでます。しかし、車体の表面に塗装をきちんと付着させるには、ある程度の数のピークが必要です。これらの要素等をコントロールするやり方は様々です。詳細については、以下のフォームタリサーフの情報を参照してください。

「タリマップ」ソフトウェア

現代の自動車メーカーは、内装の指定に力を入れています。通常、内装品には、表面に質感を出したPVCシートをポリウレタンの裏張りと一緒に成型したものが使用されます。

タPVCシート表面のテクスチャーの均一性と形状は、成型される部品の質を大きく左右します。テーラーホブソン社の強力な「タリマップ」3次元表面形状解析ソフトウェアでは、グレイン構造の均一性、グレインサイズ、グレインの基板面からの高さ、特定のしきい値以下のグレインのピーク数など、様々な幾何学的構造の解析が可能です。

ホイールドラムとブレーキディスク

ホイールベアリングやディクスブレーキにおける振動の制御は、製造工程でロービングやチャタリングを排除したり、ブレーキパッドが正常に機能するのに必要な摩擦係数を確保したりすることで実現します。適切な装置を使えば、簡単にこれらの作業を行うことが出来ます。

回転する部品の性能を左右するのは、その輪郭と形状です。ブレーキディスクの平らな部分やホイールベアリング上で生じる望ましくないロービングやチャタリングは、それらの部品の性能に影響します。テイラーホブソン社のタリロンドシリーズは、望ましくない欠陥を検出し、取り除くのに有用です。タリロンドの詳細については、以下のリンクを参照してください。ブレーキパッドの極めて重要な機能は、ブレーキが踏みこまれたときに、必要な摩擦を生じさせることです。摩擦が大きすぎても問題が起こります。テーラーホブソン社の表面形状測定機は、部品が正常に機能するかどうかを予測するのに役立ちます。詳細については、フォームタリサーフに関する以下の情報を参照してください。

ホイールベアリング、ドラム、ブレーキ部品

ブレーキディスクは比較的シンプルな部品ですが、様々な点で厳密な制御を必要とします。ディスク面は互いに平行、かつホイールのフェースマウントに対しても平行でなければらなず、厚みに極端なばらつきがあってもいけません。また、ブレーキの表面は平らで、ディスクの回転軸に対し、規定の公差範囲内で直角になっている必要があります。

平面度の問題に加え、ディスク表面の各領域におけるロービングやチャタリング、厚みの偏りなど、ブレーキの全体的な機能に影響を及ぼす局所的問題も解消しなければなりません。テーラーホブソン社のタリロンド真円度測定機と「ディスクブレーキバリエーション」ソフトウェアを組み合わせることで、上記のすべての問題に対処することが可能になります。

 

クランクシャフトとカムシャフト

強力な測定・解析ツールは、ベアリングやピンのアライメントや調和性、メインに対するピンの平行度、フィレット半径、油穴のウォッシュアウト、ベアリング指数など、様々な特徴の測定を可能にします。テーラーホブソン社は、カムやクランクシャフトのメーカーと長期にわたり提携しています。タリロンドやフォームタリサーフシリーズの測定機の汎用性ならびに幾何学的配置は、お客様のニーズに合った測定機の選択を可能にします。

カムやクランクシャフトのサイズと重量に応じて、タリロンド365、タリロンド385、タリロンド440といった中型から大型の真円度測定機をご利用いただけます。タリロンドの詳細については、以下のリンクを参照してください。

従来の表面形状測定機では、クランクシャフトやカムシャフトの表面特性へのアクセスが困難でした。しかし、フォームタリサーフシリーズの表面形状測定機は違います。ピンやベアリングの表面仕上げの検査やフィレット半径の測定に際しては、寸法と形状の両方での評価が可能です。詳細については、フォームタリサーフに関する以下の情報を参照してください。

ウォッシュアウト

クランクシャフトのメインベアリング上の油穴のウォッシュアウトは、ベアリングにおけるオイルのスムーズな流れを確保するために欠かせません。また、クランクシャフトのオイルシールにスパイラルマークがあると、オイルが一方向に流れる事態を引き起こしてしまいます。タリロンド真円度測定機では、徐々に角度を変えながら繰り返し真直度をトレースし、その結果を統合することによって、ウォッシュアウトとスパイラルマークの数量化が可能です。トレース結果をまとめて、表面の3次元イメージを作成することもできます。

3次元解析では、従来の測定よりも明確な理解が得られ、部品の形状や表面のテクスチャーに見られる欠陥や好ましい要素を数量化することも可能になります

コネクティングロッド

エンジンを構成する部品の中で、おそらく最も負担が大きいのがコネクティングロッドです。常に大きな負荷に耐え、継続的に変化する圧力にさらされているコンロッドは、エンジンサイクルで大きな役割を果たしています。小端部はピストンのガジョンピンやリストピンに、大端部はクランクシャフトに連結しており、その性能は幾何学的なアライメントとベアリングの表面性質、真円度に大きく左右されます。

回転中の部品、なかでも高速回転中の部品の性能は、いずれも輪郭と形状に大きく左右されます。コンロッドのベアリング上で生じる望ましくないロービングとチャタリング、さらにアライメントのずれは、部品の性能に影響を与えます。テーラーホブソン社のタリロンドシリーズは、こうした望ましくない欠陥を検知し、取り除くのに有用です。タリロンドの詳細については、以下のリンクを参照してください。

表面仕上げの測定によって、コンロッド両端のベアリングの精度を予測することが可能になり、エンジン寿命が尽きる以前に生じた磨耗やその他の欠陥を使用後にチェックすることもできるようになります。詳細については、フォームタリサーフに関する以下の情報を参照してください。

トランスミッション

テーラーホブソン社の測定機は、部品の幾何学的形状やアライメント、表面仕上げのコントロールを可能にし、信頼性を高める一方で、パワーロスや疲労、ノイズなど望ましくない影響を減らすのにも役立ちます。タリロンドとタリサーフの汎用性、そして幾何学的配置は、測定に関わるあらゆる問題に対する解決法を提供します。フォームタリサーフの詳細については、以下のリンクを参照してください。

タリロンドシリーズの測定機は、真円度、真直度、平行度、振れ、テーパ、直角度等をはじめ、信頼性をコントロールし、走行効率を最高に保つために必要な数々の特徴について、幾何学的形状の測定を行うことができます。タリロンドの詳細については、以下のリンクを参照してください。

フォームタリサーフシリーズの測定機は、表面仕上げの特徴をコントロールすることで、信頼性を高め、ノイズを減らし、疲労を取り除くのに重要な役割を果たしています。欠陥を検知する機能に加え、半径など形状を測定する機能も、同シリーズの測定機の特長です。詳細については、フォームタリサーフに関する以下の情報を参照してください。