弊社ウェブサイトではクッキーを使用しています。

より良いブラウジングを行う為、テーラーホブソンウェブサイトのクッキーを受け入れるようブラウザの設定をお願いします。

Cookies

円筒ころベアリング

円筒ころベアリングは、摩擦が極めて小さいというトルク特性のため、高速回転に適しています。また、ラジアル方向の大きな荷重も支えることができます。工作機械やトランスミッション、振動発生機などに使用されることが多く、レール車両の輪軸ベアリングとしても用いられています。

球面ころベアリング

ほとんどの球面ころベアリングは、外輪の軌道が球面の一部をなしているため、内部に自動調心機能を有します。ころはいずれも回転方向に対して適切な角度でカーブしており、内輪と外輪の軌道に比較的密接に沿う形になっています。

円錐ころベアリング

円錐ころベアリングは、大きなラジアル荷重とスラスト荷重の組み合わせ、もしくはスラスト荷重のみに耐える能力を持っています。内輪との接触角と外輪との接触角が異なるため、円錐ころをガイドフランジに押付けるような力が働きます。

転動体

ベアリングの接触式転動体には、球面、円筒、円錐(先細ころ)など、様々な形状のものがあります。ベアリングの運転性能とノイズは、転動体の精密度に大きく依存します。一般に、転動体の表面形状特性は、軌道輪の溝の表面形状よりも、ベアリングで生じるノイズに与える影響が大きいです。

ハードディスクドライブベアリング

ハードディスクドライブベアリングは、基本的に以下の2つのタイプに大別できます。一般的な接触式ボールベアリングをベースにしたもの、そして流体動圧ベアリングをベースにしたものです。

アンギュラベアリング

4点接触ボールベアリングの外輪と内輪には、サーキュラーアーク状の軌道が2つあります。曲率中心は、ラジカル荷重下でボールが軌道に4点で接触するように、ずらされています。また、4点ベアリングの接触角は大きいです(通常は 35�)。

アンギュラボールベアリング

アンギュラボールベアリングは、接触角の大きさに応じて、ラジアル荷重とスラスト荷重の組み合わせ、ないし大きなスラスト荷重を支えられるように設計されています。

深溝ボールベアリング

外輪、内輪の深溝の半径は、ボールの半径よりわずかに大きい程度です。この曲率比のお陰で、深溝ベアリングは、アキシャル荷重だけでなくラジアル方向の大きな荷重を支えることも可能で、幅広い用途に使用可能な理想的なベアリングとなっています。

円筒ころベアリング

円筒ころベアリングは、摩擦が極めて小さいというトルク特性のため、高速回転に適しています。また、ラジアル方向の大きな荷重も支えることができます。工作機械やトランスミッション、振動発生機などに使用されることが多く、レール車両の輪軸ベアリングとしても用いられています。

軌道輪の溝や転動体の表面形状は、これらのベアリングの運転性能とノイズに大きく影響します。テーラーホブソン社では、円筒ころベアリングの表面形状特性の測定に最適な一連のフォームタリサーフ測定機を提供しています。詳細については、以下のリンクをクリックしてください。

また、溝や転動体の真円度とうねりも非常に重要です。通常、これらの特徴は、真円度測定機によって測定されます。弊社のタリロンドシリーズは、ベアリング産業における最良の真円度測定機として各メーカー様にご愛用いただいています。詳細については、以下のリンクをクリックしてください。

ベアリングの一般的な幾何学的特徴に加え、軌道輪の溝や転動体の断面形状解析も必要です。ベアリングの縁に大きなピーク負荷がかかるのを避けるため、これらは大抵、山型(たる型)をしています。この形状は、シンプルかつ重要な半径や数式など色々な方法で決定されます。通常、公称プロファイルでは、公差の上限値・下限値を規定しています。
ころベアリングの解析は、測定値を公称値の公差範囲と比較することによっても可能です。テーラーホブソン社が提供する特別な幾何学ソフトウェアは、そのような解析を可能にします。

球面ころベアリング

ほとんどの球面ころベアリングは、外輪の軌道が球面の一部をなしているため、内部に自動調心機能を有します。ころはいずれも回転方向に対して適切な角度でカーブしており、内輪と外輪の軌道に比較的密接に沿う形になっています。そのため、このタイプのベアリングは、ラジアル方向の大きな荷重に耐えることが可能です。球面ころベアリングは、大型上部転輪、船舶のラインシャフトやラダーシャフト、クランクシャフト、圧延機、研削機などに使用されています。

軌道輪の溝や転動体の表面形状は、これらのベアリングの運転性能とノイズに大きく影響します。テーラーホブソン社では、球面ころベアリングの表面形状特性の測定に最適なフォームタリサーフ測定機を提供しています。詳細については、以下のリンクをクリックしてください。

また、溝や転動体の真円度とうねりも非常に重要です。通常、これらの特徴は、真円度測定機によって測定されます。詳細については、以下のリンクをクリックしてください。

表面のテクスチャーと形状に加え、外輪の溝の半径やフランジの角度をはじめとする数々の幾何学的特徴の測定解析も必要です。通常、溝や転動体には、縁にかかるピーク負荷を最小限にし、ラジアル方向の許容荷重を高める決まった円弧があります。これらの特徴は、テーラーホブソン社が提供する特別な幾何学ソフトウェアによって解析可能です。

円錐ころベアリング

円錐ころベアリングは、大きなラジアル荷重とスラスト荷重の組み合わせ、もしくはスラスト荷重のみに耐える能力を持っています。内輪との接触角と外輪との接触角が異なるため、円錐ころをガイドフランジに押付けるような力が働きます。その結果、フランジで比較的大きな滑り摩擦で生じるため、このタイプのベアリングは、冷却水や潤滑剤に関する特別な配慮がなされない限り、高速回転する部品への使用には適しません。主な用途は、建設機械、ギア製造、各種車両製造、圧延機などです。

軌道輪の溝や転動体の表面形状は、これらのベアリングの運転性能とノイズに大きく影響します。テーラーホブソン社では、円錐ころベアリングの表面形状特性の測定に最適なフォームタリサーフ測定機を提供しています。詳細については、以下のリンクをクリックしてください。

また、溝や転動体の真円度とうねりも非常に重要です。通常、これらの特徴は、真円度測定機によって測定されます。詳細については、以下のリンクをクリックしてください。

ベアリングの一般的な幾何学的特徴に加え、軌道輪の溝や転動体の断面形状解析も必要です。ベアリングの縁に大きなピーク負荷がかかるのを避けるため、これらは大抵、山型(たる型)をしています。この形状は、シンプルかつ重要な半径や数式など色々な方法で決定されます。通常、公称プロファイルでは、公差の上限値・下限値を規定しています。

転動体

ベアリングの接触式転動体には、球面、円筒、円錐(先細ころ)など、様々な形状のものがあります。ベアリングの運転性能とノイズは、転動体の精密度に大きく依存します。一般に、転動体の表面形状特性は、軌道輪の溝の表面形状よりも、ベアリングで生じるノイズに与える影響が大きいです。

転動体の形状と表面形状は、あらゆる接触式ころベアリングの運転性能とノイズに大きく影響します。テーラーホブソン社では、転動体の形と表面形状特性の測定に最適な一連のフォームタリサーフ測定機を提供しています。詳細については、以下のフォームタリサーフのリンクを参照してください。また、転動体の真円度とうねりも非常に重要です。通常、これらの特徴は、真円度測定機によって測定されます。詳細については、以下のリンクを参照してください。

また、テーラーホブソン社では、ボールユニットと呼ばれる特殊な固定具の開発に成功しました。これは、円筒状・ボール状の転動体の表面形状を測定するためのもので、フォームタリサーフシリーズのすべてのインダクティブ測定機と組み合わせて使用することが可能です。測定は、逆さまに固定されたインダクティブゲージ上で、摩擦パッドを使って転動体を回転させることによって行われます。ゲージ範囲が非常に狭く、インダクティブゲージを高分解能に設定することができるため、非常に細かい表面形状まで測定可能です(<6nm Ra も実現可能)。

ハードディスクドライブベアリング

ハードディスクドライブベアリングは、基本的に以下の2つのタイプに大別できます。一般的な接触式ボールベアリングをベースにしたもの、そして流体動圧ベアリングをベースにしたものです。

軌道輪の溝の形や半径、表面形状は、これらのベアリングの運転性能とノイズに大きく影響します。テーラーホブソン社では、ハードディスクドライブベアリングの形と表面形状特性の測定に最適な一連のフォームタリサーフ測定機を提供しています。

流体動圧ベアリング

流体動圧ベアリングにおいては、人間の髪の毛の10分の1以下の厚みをもつ潤滑液の膜がベアリングの機能を果たしています。ベアリングによって支えられているローターは、実質的に浮かんだ状態でシャフトの周囲を回転することになります。

流体動圧ベアリングでは、金属と金属の接触が起こらないため、表面の不完全性による不規則な振れが生じません。その結果、ディスク上の溝の間隔を減らし、1インチあたりの溝の数を増やすことが可能です。

表面形状や真円度、うねりのコントロールは、流体動圧ベアリングの性能を大きく左右します。さらに、流体動圧ベアリングのシャフトやローターには機械で刻まれた溝があり、安定した潤滑液の膜の形成を助けています。テーラーホブソン社では、メーカーとの協力を通じて、流体動圧ベアリングの溝の形や比を分析するための特別な解析ツールを開発しました。

アンギュラベアリング

アンギュラベアリングの外輪と内輪には、サーキュラーアーク状の軌道が2つあります。曲率中心は、ラジアル荷重下でボールが軌道に4点で接触するように、ずらされています。また、4点ベアリングの接触角は大きく(通常は 35�)、。そのためベアリングは、アキシャル方向の大きな荷重を両方向に伝えることができます。

レースの形や半径、表面形状は、これらのベアリングの回転性能とノイズに大きく影響します。テーラーホブソンでは、アンギュラベアリングの形と表面形状特性の測定に最適なフォームタリサーフシリーズを提供しています。

また、軌道輪や転動体の真円度とうねりも非常に重要です。通常、これらの特徴は、真円度測定機によって測定されます。詳細については、以下のタリロンドのリンクを参照してください。

壁厚およびゴシックアーチ解析

一般的な幾何学的特徴に加え、これらのベアリングの運転性能に影響を及ぼしている他の主要な要素の検討が必要です。壁厚のばらつきは、ボールベアリングの運転性能に影響する重要な要素のひとつです。さらに、内輪上の2つのアークの互いに対する関係性もまた、決定的に重要な要素です。テーラーホブソン社では、これらの特徴を解析するための専用解析ソフトウェアを提供しています。詳細については、お近くの販売代理店までご連絡ください。

アンギュラボールベアリング

アンギュラボールベアリングは、接触角の大きさに応じて、ラジアル荷重とスラスト荷重の複合的な荷重や、大きなスラスト荷重を支えられるよう設計されています。接触角が大きい程、より大きなスラスト荷重に耐えられます。アンギュラボールベアリングは、工作機械のスピンドルをはじめ、幅広い用途に適しています。

軌道輪の溝の形や半径、表面形状特性は、これらのベアリングの回転性能やノイズに大きく影響します。テーラーホブソンでは、アンギュラボールベアリングの形と表面形状特性の測定に最適なフォームタリサーフシリーズを提供しています。詳細については、以下のリンクをクリックしてください。

また、軌道輪や回転体の真円度とうねりも非常に重要です。通常、これらの特徴は真円度測定機によって測定します。詳細については、以下のタリロンドのリンクを参照してください。

壁厚ばらつき

一般的な幾何学的特徴に加え、これらのベアリングの運転性能に影響を及ぼしている他の主要な要素の検討が必要です。壁厚のばらつきは、ボールベアリングの運転性能に影響する重要な要素のひとつです。ハウジングに固定されたベアリングについては、内輪の壁厚ばらつきが特に重要で、シャフト上のベアリングに関しては、外輪の壁厚ばらつきが決定的な影響力を持ちます。テーラーホブソン社では、ボールベアリング軌道輪の壁厚ばらつきを測定するための専用解析ソフトウェアを提供しています。

深溝ボールベアリング

外輪、内輪の深溝の半径は、ボールの半径よりわずかに大きい程度です。この曲率比のお陰で、深溝ベアリングは、アキシャル荷重だけでなくラジアル方向の大きな荷重を支えることも可能で、幅広い用途に使用可能な理想的なベアリングとなっています。

軌道輪の溝の形や半径、表面形状特性は、これらのベアリングの運転性能やノイズに大きく影響します。テーラーホブソン社では、深溝ボールベアリングの形と表面形状特性の測定に最適な一連のフォームタリサーフ測定機を提供しています。詳細については、以下のリンクをクリックしてください。

また、軌道輪や転動体の真円度とうねりも非常に重要です。通常、これらの特徴は真円度測定機によって測定できます。詳細については、以下のリンクをクリックしてください。

壁厚ばらつき

一般的な幾何学的特徴に加え、これらのベアリングの運転性能に影響を及ぼしている他の主要な要素の検討も必要とされています。壁厚のばらつきは、ボールベアリングの運転性能に影響する重要な要素のひとつです。ハウジングに固定されたベアリングについては、内輪の壁厚ばらつきが特に重要で、シャフト上のベアリングに関しては、外輪の壁厚ばらつきが決定的な影響力を持ちます。テーラーホブソン社では、ボールベアリング軌道輪の壁厚ばらつきを測定するための専用解析ソフトウェアを提供しています。詳細については、以下のリンクをクリックしてください。