弊社ウェブサイトではクッキーを使用しています。

より良いブラウジングを行う為、テーラーホブソンウェブサイトのクッキーを受け入れるようブラウザの設定をお願いします。

パートナー

整形インプラント

整形外科インプラントは、股関節や膝、指、肩のような身体の関節に置き換えて使用される多数の人工装置を対象とする広範囲な用語です。

歯科

歯の摩耗の分野では、多数の研究が年間ベースで実施されています。歯科用アマルガム(充填材)に関して、メーカーは浸食特性の確認および改善に関心を寄せています。

Bio MEMS

BioMEMでは、マイクロ装置が生物学的および医療上の問題に適用されます。

外科用ニードル

医療分野で使用される標準外科用ニードルには、効率よい作業を保証する優れた品質が求められます。一般的には体内から流体を移送または採取するために使用され、そのため優れたフロー特性を示す必要があります。

バイオチップ

バイオチップは、マイクロ流体工学、マイクロチップおよびラブチップ技術を含む広い分野を包含します。それは広義には、生物学的認知要素を組み込んで、マイクロリソグラフィ技術またはマイクロアレイ技術を使って作成された、計測装置と定義することができます。

化粧品/皮膚科

皮膚は2種類の細胞組織からできています。表皮は層化扁平上皮から成り、角質で満ち固くなっています。真皮は表皮の下にあります。しわは上部表面薄層の収縮で発生し、線方向の膨らみによって制限されています。 地球規模で人口が老齢化するにつれ、アンチエイジングクリームの需要も伸びています。これらのクリームの性能を検証する必要性がありますが、またクリーム自体でもナノ粒子を使った興味深い開発があります。 化粧品メーカーは外見の改善を狙った新製品の研究開発に莫大な費用を掛けています。安全性試験に加えて、化粧品メーカーはこれらの化粧クリームおよびローションの性能に関する定量的データを提供する必要があります。 顕微鏡は視覚情報を提供できますが、必要な詳細分析では不十分なことが多いものです。通常、アンチエージングクリームの解析とは、クリーム塗布前後の皮膚サンプルを解析することです。関連する実際の基質の測定が不可能なために、通常は表面の複製が使用されます。 高解像度ゲージを備えたTalysurf CLIまたはCCIプラットフォームは、この用途で理想的なデータ収集ツールを提供します。一方Talymap Textured Surfacesソフトウェアは理想的な視覚化と分析を行います。このソフトウェアは、全体のテクスチャー方向とともに、溝の深さおよび密度を分析する能力を備えています。製品情報は次のリンクをクリックしてください。

医薬

錠剤製造は通常、0.1~10μmの範囲の医薬品粒子形成から開始します。そのサイズと形状から製造工程に関する有用な情報が提供されるため、これらの粒子の特性を明らかにすることが重要なことが多いものです。

心臓弁

人の心臓は2心房と2心室の全4つの心腔からなる効率的な筋肉ポンプであり、それぞれが一方向弁で区切られています。心臓は一日に平均10万回収縮と拡張を繰り返し、約2000ガロンの血液を送り出しています。

整形インプラント

整形外科インプラントは、股関節や膝、指、肩のような身体の関節に置き換えて使用される多数の人工装置を対象とする広範囲な用語です。過去においては高齢者向けの領域であった整形外科インプラントは、今では関節炎や損傷した関節に置き換えて年齢を問わずますます多く使用されるようになっています。寿命が延びたことと、より若年層患者にもインプラントを広く使用するようになったことが相まって、より長期間の耐久性を備えたインプラントのメーカーへの需要が著しく増加しています。

股関節インプラントでは、大腿骨頭の形状特性が耐荷重性能にとってきわめて重大です。しかし通常、人工股関節故障の主要原因は摩耗、特に生成される粒子に起因する摩耗です。たとえば、最も一般的な大腿骨消失の原因は骨溶解です。完全な原因は不明ながら、それは微粒子状破片、特に重合体破片への異物反応を含む様々な要因に起因しています。したがって人工股関節摩耗の回避が非常に重要になります。この必要条件から、一般的には表面仕上げの許容誤差を高く保つことが求められます。人工股関節メーカーはISO 7206 (パートI VIII)を含む国際規格により統制されています。

膝関節インプラント(および他の整形外科インプラント)での必要条件は、希望の性能規格に適合することを保証するために優れた構造と表面仕上げ特性を必要とするという点で人工股関節に似ています。テーラーホブソンは整形インプラントメーカーに、品質と性能の向上を支援する広範囲な計測ソリューションを提供します。製品情報は次のリンクをクリックしてください。

製品情報      

歯科

歯の摩耗の分野では、多数の研究が年間ベースで実施されています。歯科用アマルガム(充填材)に関して、メーカーは浸食特性の確認および改善に関心を寄せています。これを達成するために、ISO/TS 14569-1などのISO規格に準拠して、平均的な口腔内での浸食活動を再現する浸食テストが実施されています。

しかし、口内の歯および修復歯にかかわる摩耗のメカニズムはたいへん複雑です。さらに、これらのメカニズムは患者ごとに異なることもあります。歯科用アマルガムと練り歯磨きに関する標準摩耗試験では、歯ブラシと練り歯磨きを使用します。通常、試験では練り歯磨きを参照基質面上に特定回数こすりつけます。このプロセスで発生する浸食を監視します。

充填ペーストや練り歯みがきなど、歯の外観改善を目的とする市販の口腔ケア用品が多数あります。練り歯磨きや美白製品は歯の上で摩耗を制限するだけでよいのに対して、充填ペーストは耐磨耗性を必要とします。歯科用品メーカーは通常、歯の摩耗やアマルガム(ペースト)の充填の特性評価に関心があります。

テーラーホブソンは歯科用品メーカーおよび研究者に、歯科用ペーストやアマルガムの摩耗特性を監視する広範囲の計測ソリューションを提供します。製品情報は次のリンクをクリックしてください。

製品情報      

Bio MEMS

BioMEMでは、マイクロ装置が生物学的および医療上の問題に適用されます。その最も簡単な形式では、BioMEMS分野のテクノロジーにより、微細加工およびマイクロマシニングの利点を活用し、より早くより安価に、ハンズフリーのマイクロスケールおよびナノスケールの実験室、すなわちマイクロ流体工学実験室を作成することができます。さらに高度な形式では、BioMEMS装置は人工臓器、個々人に合わせた薬物療法、および細胞間通信を観察する新たな手法への道を拓きます。BioMEMは生物医学MEMと生命工学MEMの2分野に分けることができます。

生物医学MEMは身体およびホスト生体構造を使用して生体内(インビボ)で対処します。その例には、バイオテレメトリ、ドラッグデリバリ、バイオセンサなどの物理的センサが含まれます。

生命工学MEMは、ホストから得られた生体試料を体外(インビトロ)で扱います。その例には遺伝子配列、機能ゲノミクス、創薬、薬理ゲノム学、診断、病原体検出/IDなどがあります。

微細加工技術を使用するドラッグデリバリシステムでは、現在大量のBioMEMS作業が必要です。マイクロマシン加工されたナノ細孔薄膜と微小粒子という2つの主要分野が想定されます。ナノ細孔薄膜では、フォトリソグラフィー、薄膜堆積および選択的エッチング技術を使用して、ナノメートル範囲で非常に均一な孔の開いたシリコン製の膜を製造します。ポリマーミクロスフェアのような従来型の微粒子ドラッグデリバリシステムとは異なり、微小粒子は厚さおよび直径が1ミクロンの薄い平面ディスクとすることができます。

この上に、極微針(マイクロニードル)、センサおよびマイクロポンプに興味深い開発があり、それらすべてを迅速かつターゲットを絞ったドラッグデリバリのために連動させます。BioMEMS領域の拡大にともないナノメータ計測への要求が増加しますが、これはテーラーホブソンの得意領域です。製品情報は次のリンクをクリックしてください。

製品情報      

外科用ニードル

医療分野で使用される標準外科用ニードルには、効率よい作業を保証する優れた品質が求められます。一般的には体内から流体を移送または採取するために使用され、そのため優れたフロー特性を示す必要があります。これを達成するためには、優れた内部仕上げと真円度、円筒度特性を必要とします。テーラーホブソンには、外科用ニードルメーカーの特定要件にも対応できる幅広い経験があります。通常、外科用ニードルの狭い径にアクセスするには、特殊スタイラスの使用が必要になります。

生検およびドラッグデリバリを含む医療分野のさまざまな用途に使用されているマイクロニードルの分野では、大量の作業が実施されています。中空マイクロニードルアレイは、単純な拡散装置またはポンプ装置を使用して、薬を体内に連続投与するために使用できます。中空マイクロニードルは分析用に体液を採取するために使用できます。マイクロニードルで、個別の細胞に高度に的を絞った投薬などの医療の新領域を開拓できます。それはまた、様々な計測上の課題を生み出すことにもなります。テーラーホブソンではそうした課題に対処する態勢が整っています。この課題には、ミクロンおよびナノメータレベルの3D幾何解析が含まれています。製品情報は次のリンクをクリックしてください。

製品情報      

バイオチップ

バイオチップは、マイクロ流体工学、マイクロチップおよびラブチップ技術を含む広い分野を包含します。それは広義には、生物学的認知要素を組み込んで、マイクロリソグラフィ技術またはマイクロアレイ技術を使って作成された、計測装置と定義することができます。バイオチップはバイオセンサと共通点が多くありますが、その製造にマイクロリソグラフィ製造技術を使用し、それ故チップとなる点でバイオセンサとは異なります。

微細加工された流体チャネル構造(バイオチップ)への関心は、多数の強力なデモンストレーションが文献で発表されたことにより、ここ10年で著しく拡大しました。

さまざまな電気泳動分離/クロマトグラフ分離、化学反応および酵素反応、非共有認識相互作用、検体濃度増強、および細胞操作を含めて、バイオチップ上で実施される化学/生化学の測定技術は多様です。

これらの装置はきわめて少量の試薬の消費で結果をすばやく出すとともに、低コストかつ小型になっています。さらに、これらの装置を作るために使用される製造戦略、すなわちフォトリソグラフィでは、高度に類似したシステムを少ない費用増分で製造可能です。バイオチップは化学分析の領域に膨大な可能性をもたらします。しかし、それには有効な性能を保証する優れた製造技術が必要です。

バイオチップでは、その内部での化学薬品(病原体)の効率的なフローを確保するために、優れたチャネル構造(高さと幅)と表面トポグラフィが必要です。テーラーホブソンはバイオチップメーカーに、品質と性能の向上を支援する広範囲な測定ソリューションを提供します。製品情報は次のリンクをクリックしてください。

製品情報      

化粧品/皮膚科

皮膚は2種類の細胞組織からできています。表皮は層化扁平上皮から成り、角質で満ち固くなっています。真皮は表皮の下にあります。しわは上部表面薄層の収縮で発生し、線方向の膨らみによって制限されています。

地球規模で人口が老齢化するにつれ、アンチエイジングクリームの需要も伸びています。これらのクリームの性能を検証する必要性がありますが、またクリーム自体でもナノ粒子を使った興味深い開発があります。

化粧品メーカーは外見の改善を狙った新製品の研究開発に莫大な費用を掛けています。安全性試験に加えて、化粧品メーカーはこれらの化粧クリームおよびローションの性能に関する定量的データを提供する必要があります。

顕微鏡は視覚情報を提供できますが、必要な詳細分析では不十分なことが多いものです。通常、アンチエージングクリームの解析とは、クリーム塗布前後の皮膚サンプルを解析することです。関連する実際の基質の測定が不可能なために、通常は表面の複製が使用されます。

高解像度ゲージを備えたTalysurf CLIまたはCCIプラットフォームは、この用途で理想的なデータ収集ツールを提供します。一方Talymap Textured Surfacesソフトウェアは理想的な視覚化と分析を行います。このソフトウェアは、全体のテクスチャー方向とともに、溝の深さおよび密度を分析する能力を備えています。製品情報は次のリンクをクリックしてください。

製品情報      

医薬

錠剤製造は通常、0.1~10μmの範囲の医薬品粒子形成から開始します。そのサイズと形状から製造工程に関する有用な情報が提供されるため、これらの粒子の特性を明らかにすることが重要なことが多いものです。粒子のサイズから、溶解速度、含量均一性、および沈降速度が影響を受けることも示されています。

医薬製造工程の次の段階は、多くの場合、結合剤を使って粒子から粒剤を形成することです。生産される粒剤は一般的に数ミリ程度の大きさで、フロー特性の向上を示します。これを製造工程に相関させるために粒剤の粗さを一定にすることが有用です。錠剤製造における最終要素では、多くの場合、粒剤へのコーティング塗布が必要となります。コーティングにより、空気から医薬品を保護したり溶出挙動を制御することなど、さまざまな機能が与えられます。多くの場合、そのコーティングの表面特性を溶出速度と関連させることは、錠剤製造における必要条件です。

医薬製造分野では、表面の特性制御に対する幅広い要件があります。さらに重要なことは、細菌汚染を最小限に抑えるために、工程内のパイプと押し型の表面仕上げを適切な品質に保つことです。製薬工場で使用されるパイプはステンレス鋼または合成樹脂で製造され、その表面仕上げの範囲は2μm ~ 0.2μm Rqとされます。緑膿菌のような一般的な桿形状細菌が幅約0.3~0.8μm、長さ1~1.2μmミクロンであるため、これらのパイプの表面仕上げが非常に重要です。表面仕上げが劣るパイプでは細菌が繁殖し、製造工程を汚染しかねません。製品情報は次のリンクをクリックしてください。

製品情報      

心臓弁

人の心臓は2心房と2心室の全4つの心腔からなる効率的な筋肉ポンプであり、それぞれが一方向弁で区切られています。心臓は一日に平均10万回収縮と拡張を繰り返し、約2000ガロンの血液を送り出しています。同期して開閉することで、4つの弁は血液を前方に流れ続けさせます。

年間25万以上の生体心臓弁が移植されています。疾患のある心臓弁が人工心臓弁と取り替え可能になって、心臓弁障害に起因する死亡率は劇的に低下しました。残念なことに、この輝かしい成功物語はものごとの一面にすぎません。その裏側には、今日のすべての人工心臓弁に起因する合併症があります。たとえば、チタンや熱分解カーボン製の人工弁の場合には、生涯に渡って抗凝固療法を続ける必要があります。過去何十年の経験にもかかわらず、抗凝固療法は依然として危険な処置であることに変わりはありません。抗凝固療法が最適状態でない場合は、弁尖の致命的な固着、または大血管の下流閉塞につながる大規模血栓形成の脅威があります。

故障の結果が致命的なため、心臓弁の部品では品質管理が非常に重要です。材料特性と幾何学的形状のすべてが、心臓弁の設計および製造で重要です。しかし、液流と弁の抗凝固特性に大きな影響を及ぼすため、2Dおよび3Dの両方で心臓弁の表面特性管理も非常に重要になります。製品情報は次のリンクをクリックしてください。

製品情報