パネルとフェイシア

  • Overview +


    車体や内部のフェイシアの各パーツは、それぞれ異なるテクスチャーを持っているため、塗装の際の色合わせは時に困難です。例えば、車のダッシュボードにあるエアバッグのパネルは、ボードと同じ色でなければなりません。しかし、両者の色素が同じであっても、テクスチャーが違えば、全く違って見えてしまいます。
    表面仕上げを一度トレースするだけで充分な場合もありますが、このようなケースでは、表面のテクスチャーの3次元イメージが同一テクスチャーの再現を可能にし、見た目の美しさをコントロールするのに役立ちます。

    部品の表面を繰り返しトレースすることで、表面の3次元イメージが抽出されます。抽出されたイメージは、部品の機能的作用の予測に役立ち、生産プロセスのコントロールを可能にします。タリロンドの詳細については、以下のリンクを参照してください。

    塗装後の表面に特定の振幅のピークが多すぎると、仕上がりに影響がでます。しかし、車体の表面に塗装をきちんと付着させるには、ある程度の数のピークが必要です。これらの要素等をコントロールするやり方は様々です。詳細については、以下のフォームタリサーフの情報を参照してください。

    「タリマップ」ソフトウェア

    現代の自動車メーカーは、内装の指定に力を入れています。通常、内装品には、表面に質感を出したPVCシートをポリウレタンの裏張りと一緒に成型したものが使用されます。

    タPVCシート表面のテクスチャーの均一性と形状は、成型される部品の質を大きく左右します。テーラーホブソン社の強力な「タリマップ」3次元表面形状解析ソフトウェアでは、グレイン構造の均一性、グレインサイズ、グレインの基板面からの高さ、特定のしきい値以下のグレインのピーク数など、様々な幾何学的構造の解析が可能です。

  • BROCHURES +

    No brochure found.
  • APPLICATIONS +

    No application report found