ピストン、ピン、リング

  • Overview +


    駆動中のピストンには、様々な圧力や歪力がかかり、その結果、ある種の歪みが生じます。ピストンの設計者は、そのような変化が生じても大丈夫なようにピストンを製作することで、この歪みを予測しようとします。円筒度、真円度、真直度など通常の幾何学的解析だけでは、ピストンの形状を充分に決定することはできません。テーラーホブソン社は、長期にわたるピストンメーカーとの提携を通じて、新しい測定法を生み出しました。

    テーラーホブソン社の真円度測定機は、ピストンの半径方向ならびに軸方向の形状、ガジョンピンやリストピンの円筒度、さらには厚みのばらつきやピストン溝の形状の評価を可能にします。タリロンド測定機の詳細については、以下のリンクを参照してください。

    ピストンリングとピン、リング溝シール面の耐摩耗性の検査には、テーラーホブソン社の表面形状測定機シリーズが有用です。詳細については、フォームタリサーフに関する以下の情報を参照してください。

    「ピストン」ソフトウェア

    真直度の測定機能を備えたテーラーホブソン社の真円度測定機はいずれも、ピストンの幾何学的形状を測定することができます。「ピストン」ソフトウェアは、そのデータからピストンの半径方向および軸方向の形状を解析し、設計データとの比較を行います。その結果は、公差を考慮した設計ならびに機械加工プロセスへのフィードバックに利用できます。ダンベルもしくは光学トリガー装置によって、ピストンの長軸・短軸に対するガジョンピンやリストピンのボアのアライメントも可能です。

  • BROCHURES +

    No brochure found.
  • APPLICATIONS +

    No application report found