Bio MEMS

  • Overview +


    BioMEMでは、マイクロ装置が生物学的および医療上の問題に適用されます。その最も簡単な形式では、BioMEMS分野のテクノロジーにより、微細加工およびマイクロマシニングの利点を活用し、より早くより安価に、ハンズフリーのマイクロスケールおよびナノスケールの実験室、すなわちマイクロ流体工学実験室を作成することができます。さらに高度な形式では、BioMEMS装置は人工臓器、個々人に合わせた薬物療法、および細胞間通信を観察する新たな手法への道を拓きます。BioMEMは生物医学MEMと生命工学MEMの2分野に分けることができます。

    生物医学MEMは身体およびホスト生体構造を使用して生体内(インビボ)で対処します。その例には、バイオテレメトリ、ドラッグデリバリ、バイオセンサなどの物理的センサが含まれます。

    生命工学MEMは、ホストから得られた生体試料を体外(インビトロ)で扱います。その例には遺伝子配列、機能ゲノミクス、創薬、薬理ゲノム学、診断、病原体検出/IDなどがあります。

    微細加工技術を使用するドラッグデリバリシステムでは、現在大量のBioMEMS作業が必要です。マイクロマシン加工されたナノ細孔薄膜と微小粒子という2つの主要分野が想定されます。ナノ細孔薄膜では、フォトリソグラフィー、薄膜堆積および選択的エッチング技術を使用して、ナノメートル範囲で非常に均一な孔の開いたシリコン製の膜を製造します。ポリマーミクロスフェアのような従来型の微粒子ドラッグデリバリシステムとは異なり、微小粒子は厚さおよび直径が1ミクロンの薄い平面ディスクとすることができます。

    この上に、極微針(マイクロニードル)、センサおよびマイクロポンプに興味深い開発があり、それらすべてを迅速かつターゲットを絞ったドラッグデリバリのために連動させます。BioMEMS領域の拡大にともないナノメータ計測への要求が増加しますが、これはテーラーホブソンの得意領域です。製品情報は次のリンクをクリックしてください。

  • BROCHURES +

    No brochure found.
  • APPLICATIONS +

    No application report found