光学分野

  • ダイヤモンド切削非球面レンズの形状測定 +


    非球面レンズは、今や、あらゆる産業、国防、消費財など様々な領域で必要とされています。テーラーホブソンの提供する測定機は、非球面レンズのメーカーの間で、極めて高い評価を得ています。 read more.

  • 光ファイバコネクタの形状測定 +


    光ファイバのV溝コネクタは、ゼロディアをはじめとする様々な素材から作られています。これらの素材を使うには、未加工の塊を超精密ミリング加工で処理する必要があります。 read more.

  • 研磨レンズの表面あらさ +


    研磨レンズやダイヤモンド切削レンズには、しばしば1-2nm RMSという非常に高い表面形状精度が求められます。フォームタリサーフPGIアスフェリックは、高度な二次元表面形状測定機能を提供します。  read more.

  • ディフラクティブレンズの形状測定 +


    非球面のベースカーブを持つディフラクティブレンズは、通常、単結晶ダイヤモンド切削法によって製作されます。 read more.

  • 研削・研磨非球面レンズの形状測定 +


    伝統的に、ガラスや結晶性の素材から作られた球面レンズは、研削と研磨によって仕様書通りの形状、表面形状に仕上げられます。 read more.

  • マイクロレンズアレイの3次元測定 +


    マイクロレンズアレーは比較的新しいテクノロジーで、今日では光交換、DWDM、導波管など幅広い分野で利用されています。 read more.

  • レーザーエタロンの寸法測定 +


    エタロンは、ハイスペック(λ/100 かそれ以上)な平面レンズで、特定の周波数のレーザー光を収束するために用いられます。エタロンには極めて高い平面度が要求されるため、表面仕上げと段差/アライメントの測定要件は、非常に厳しくなります。 read more.

  • 自由曲面レンズ +


    非回転対称(自由曲面)レンズの使用は、民間産業と軍事産業の両方で、次第に一般的になりつつあります。超精密ラスターミリング加工などの先端的な製造技術のお陰で、多様な形状を作ることが可能です。 read more.