メカトロテックジャパンにて出展社ワークショップを行います

水曜日, 10月 2, 2019

拝啓、貴社益々ご清栄のこととお喜び申し上げます。平素より格別のご愛顧を頂き誠にありがとうございます。

さて、別記事でもご案内させていただいております通り、弊テーラーホブソン事業部は来る10月23日-26日開催されますメカトロテックジャパン2019に出展いたします。

そこで中部地域を中心としたお客様に、フォームタリサーフ PGI NOVUS
の他、TALYScan 280を含めた弊社の最新測定機をプレゼンテーションさせていただくくべ、25日(金)の出展者ワークショップに参加する運びとなりました。

25日(金) 14:00~14:50 「テーラーホブソンの最新測定機 PGI NOVUS他の紹介」
アメテック(株)テーラーホブソン事業部 アプリケーションズマネージャ 積田慎吾
開催場所: ポートメッセなごや 交流センター三階 第三、第四会議室

フォームタリサーフPGI NOVUSは上下両方向での測定が可能な新開発ゲージや新校正法、完全新規開発の測定解析ソフトウェアを搭載し、これまでのフォームタリサーフから大きく進化し、実現可能なことが大幅に増えています。

例.
・ベアリング外輪の上下を自動で軸だし・測定して直径を算出
・ボールねじの上下両面を測定してピッチ円径(PCD)の解析
・異なる径のベアリングを自動で判別して一つのプログラムで自動測定
・急傾斜部を複数に分けて測定した結果をつなぎ合わせ(スティッチング)

こういったこれまでの形状粗さ測定機の枠を超えた新たな用途のご提案をさせていただきます。また昨年JIMTOFで発表しました高速・高精度非接触円筒幾何形状測定機TALYScan 280の最新のハードウェア改良・アプリケーション例などもご紹介させていただきます。
ぜひこの機会に皆様のご高覧をいただければ幸いです。