Skip to content

PGI NovusとMetrology 4.0のアプリケーション:アンギュラベアリング

水曜日, 8月 19, 2020

PGI Novusはアンギュラベアリングの内径・外径レース面双方の完全かつ高速な測定が可能です。

レース面プロファイル、位置、そして基準面に対する中心位置を測定でき、解析項目には半径値、粗さ、形状、角度その他の重要な寸法が含まれます。

PGI Novusが備える上下両面の測定が可能なデュアルバイアス検出器の使用により、直径および寸法の測定精度は非常に高精度です。
また最新の測定解析ソフトに搭載された「スマートムーブ」機能と「部品座標系」機能により、ベアリングの任意位置に対する触針先端の高精度な位置決めが可能になっています。

測定の全プロセスは完全に自動化されており、公差判定の結果を含む各種の重要なパラメータを、御社のニーズに応じてカスタマイズした形で自動出力できます。



Metrology 4.0の「スマートムーブ」機能とは?

  • 部品の任意の位置にポイントを設定でき、クリック一つで任意の位置に移動・測定ができる便利な機能です。


  • Metrology 4.0ソフトウェアは、現在弊社の下記測定機に搭載されています。

    フォームタリサーフ® PGI NOVUS
    フォームタリサーフ® i-シリーズ PRO
    フォームタリサーフ® LASER