Skip to content

テーラーホブソンはOPIE ‘22に出展します

火曜日, 3月 15, 2022

OPIE 2022 | Pacifico Yokohama, Japan | 2022年4月20日〜22日

日本で光学とフォトニクスの分野で最大級の専門展示会に出展します。3次元非接触形状測定機「LUPHOScan」シリーズについて、大径レンズ向けの850HDから小径レンズ向けの50 SLまで、当社の技術エキスパートが現地にてご紹介いたします。

テーラーホブソンはOPIE2022に出展します。

当社の技術エキスパートが最新の光学計測ソリューションに関する情報を紹介します。

  • 非接触3Dフォーム測定
  • フラット、球面、非球面、回折および自由形状の測定
  • 直径850 mmまでの大型光学部品測定
  • アプリケーション:スマホレンズ、望遠鏡、衛星、医療機器…

ブースH-02でお会いできるのを楽しみにしています! See you there!




非球面、自由曲面光学部品・レンズ成形測定用の非接触式3D形状測定装置

LUPHOScan HD 非接触式3D光学プロフィロメータ / 形状測定装置は、逸脱の大きい非球面や自由曲面など、困難な表面の半径や不規則性の、最も精度の高い非接触式3D形状測定を提供します。

その優れた安定性が、最も困難な環境でも精度を保証し、精度を損なうことなく、高速の測定サイクル時間を実現します。

LUPHOScan HD プラットフォームにより、非球面、球面、平面、軽度の自由曲面の形状測定を簡単に行うことができます。このシステムの主な利点には、高速度での測定、変わった表面形状 (平らな頂点や変曲点のあるプロファイルなど) への高い柔軟性、最大850 mmのオブジェクト直径などがあります。.

LUPHOScan HD の詳細はこちら




3次元 自由曲面の光学部品 表面形状測定システム

Form Talysurf® PGI Freeform は精密フリーフォーム光学レンズ測定専用の多目的、高分解能システムです。次の形状の光学部品の3Dラスタースキャン測定または径方向測定と解析が可能です。

完全に自動化された測定ルーチンと、バッチ測定を含む自由曲面の優れた解析能力により、測定サイクル時間が大幅に短縮されます。 形状が分からない測定物であっても、Form Talysurf® PGI Freeform を用いてトーリック、双円錐、アナモルフィック非球面、楕円、NURBS、ゼルニケ、非球面円筒、点群などの自由曲面の定義に使用される係数を算出しに入力する事で高速、高精度の形状測定を実現します。

PGI Freeform の詳細はこちら




LUPHOScan 50 SL - スマートフォン用レンズの非接触式3D計測のための、世界最速で最も精度の高いシステム。

LUPHOScan 50 SL は、超高速度測定やレンズの幾何学的特徴 (インターロック面の真円度、フラットレンズ面の平坦度、これらの特徴に対する光学面の位置など) の測定能力を含めた、このシステムの主な利点により、小型レンズの大量生産に最適です。

設計と製造の両方における比類ない利点

  • 再現可能な超高精度 - 30 nm PV (3σ)
  • 実現可能な最高度の安定性 - 出力変動 < ± 15 nm (3σ), PV変動 < ± 1.5 nm (3σ)
  • 幾何学的特徴の分析 - 相互に関係するインターロックやエッジの直径や光学面など
  • 薄い透明な基板 - 厚み最低100 μm/li>
  • 本物の3D用の高い測定速度 - < 120秒 - 光学面と幾何学的特徴 *, < 60秒 - 光学面のみ **

LUPHOScan 50 SL の詳細はこちら


* 表面フラット、インターロック、エッジ直径など。
** ジオメトリと横方向分解能に依存します。