コネクティングロッド

  • Overview +


    エンジンを構成する部品の中で、おそらく最も負担が大きいのがコネクティングロッドです。常に大きな負荷に耐え、継続的に変化する圧力にさらされているコンロッドは、エンジンサイクルで大きな役割を果たしています。小端部はピストンのガジョンピンやリストピンに、大端部はクランクシャフトに連結しており、その性能は幾何学的なアライメントとベアリングの表面性質、真円度に大きく左右されます。

    回転中の部品、なかでも高速回転中の部品の性能は、いずれも輪郭と形状に大きく左右されます。コンロッドのベアリング上で生じる望ましくないロービングとチャタリング、さらにアライメントのずれは、部品の性能に影響を与えます。テーラーホブソン社のタリロンドシリーズは、こうした望ましくない欠陥を検知し、取り除くのに有用です。タリロンドの詳細については、以下のリンクを参照してください。

    表面仕上げの測定によって、コンロッド両端のベアリングの精度を予測することが可能になり、エンジン寿命が尽きる以前に生じた磨耗やその他の欠陥を使用後にチェックすることもできるようになります。詳細については、フォームタリサーフに関する以下の情報を参照してください。

  • カタログ +

    No brochure found.
  • アプリケーション例 +

    No application report found