燃料インジェクタ

  • Overview +


    自動車の排気ガスに対する規制の強化は、燃料インジェクタ等の部品における公差の範囲が狭くなることを意味します。公差の狭い部品には、正確性の高い計器が必要です。一般的なレール状の部品の測定には、サブミクロンの真円度測定機能と非常に正確でノイズの少ない表面形状測定機能の組み合わせが不可欠です。

    インジェクタのシート面の真円度および触れについては、サブミクロンの正確さで信頼度の高い測定を行うことが可能です。測定結果は、インジェクタの生産に必要な厳密なプロセスをコントロールするのに役立てることができます。タリロンドの詳細については、下のリンクを参照してください。

    テーラーホブソン社の表面形状測定機は、ラジアル、角あり、直線など部品の形状を問わず、一回の計測で形状と表面仕上げの測定を行い、包括的な解析を行うことができます。詳細については、フォームタリサーフに関する以下の情報を参照してください。

    自動車の排気ガスに対する規制の強化は、燃料インジェクタとその関連部品の幾何学的形状および表面仕上げについて、公差の範囲が狭まることを意味します。そこで決定的に重要なのは、ピンとバルブ本体のシート面の、それぞれの軸に対する同心度です。例えば、バルブピンのシャフトを高い精度でバルブ本体にはめ込む場合、シャフトの円筒度だけでなく、シート面のシャフト本体に対する同心度も非常に重要です。どちらかに何らかのエラーがあった場合、ピンがバルブ本体に不適切な形で収まることになり、結果として燃料のコントロールに不備が生じたり、流量が低下したりします。こうした事態を避けるには、タリロンド395のような高精度の真円測定機を利用した測定が必要です。同測定機は、極めて正確な位置制御機能と0.2um未満の自動センタリングプロセス機能を搭載した高精度データムのお陰で、現在手に入る最も高性能の測定機のひとつです。

  • カタログ +

    No brochure found.
  • アプリケーション例 +

    No application report found