アンギュラボールベアリング

  • Overview +


    アンギュラボールベアリングは、接触角の大きさに応じて、ラジアル荷重とスラスト荷重の複合的な荷重や、大きなスラスト荷重を支えられるよう設計されています。接触角が大きい程、より大きなスラスト荷重に耐えられます。アンギュラボールベアリングは、工作機械のスピンドルをはじめ、幅広い用途に適しています。

    軌道輪の溝の形や半径、表面形状特性は、これらのベアリングの回転性能やノイズに大きく影響します。テーラーホブソンでは、アンギュラボールベアリングの形と表面形状特性の測定に最適なフォームタリサーフシリーズを提供しています。詳細については、以下のリンクをクリックしてください。

    また、軌道輪や回転体の真円度とうねりも非常に重要です。通常、これらの特徴は真円度測定機によって測定します。詳細については、以下のタリロンドのリンクを参照してください。

     

    壁厚ばらつき

    一般的な幾何学的特徴に加え、これらのベアリングの運転性能に影響を及ぼしている他の主要な要素の検討が必要です。壁厚のばらつきは、ボールベアリングの運転性能に影響する重要な要素のひとつです。ハウジングに固定されたベアリングについては、内輪の壁厚ばらつきが特に重要で、シャフト上のベアリングに関しては、外輪の壁厚ばらつきが決定的な影響力を持ちます。テーラーホブソン社では、ボールベアリング軌道輪の壁厚ばらつきを測定するための専用解析ソフトウェアを提供しています。

  • カタログ +

    No brochure found.
  • アプリケーション例 +

    No application report found