球面ころベアリング

  • Overview +


    ほとんどの球面ころベアリングは、外輪の軌道が球面の一部をなしているため、内部に自動調心機能を有します。ころはいずれも回転方向に対して適切な角度でカーブしており、内輪と外輪の軌道に比較的密接に沿う形になっています。そのため、このタイプのベアリングは、ラジアル方向の大きな荷重に耐えることが可能です。球面ころベアリングは、大型上部転輪、船舶のラインシャフトやラダーシャフト、クランクシャフト、圧延機、研削機などに使用されています。

    軌道輪の溝や転動体の表面形状は、これらのベアリングの運転性能とノイズに大きく影響します。テーラーホブソン社では、球面ころベアリングの表面形状特性の測定に最適なフォームタリサーフ測定機を提供しています。詳細については、以下のリンクをクリックしてください。

    また、溝や転動体の真円度とうねりも非常に重要です。通常、これらの特徴は、真円度測定機によって測定されます。詳細については、以下のリンクをクリックしてください。

    表面のテクスチャーと形状に加え、外輪の溝の半径やフランジの角度をはじめとする数々の幾何学的特徴の測定解析も必要です。通常、溝や転動体には、縁にかかるピーク負荷を最小限にし、ラジアル方向の許容荷重を高める決まった円弧があります。これらの特徴は、テーラーホブソン社が提供する特別な幾何学ソフトウェアによって解析可能です。

  • カタログ +

    No brochure found.
  • アプリケーション例 +

    No application report found