バイオチップ

  • Overview +


    バイオチップは、マイクロ流体工学、マイクロチップおよびラブチップ技術を含む広い分野を包含します。それは広義には、生物学的認知要素を組み込んで、マイクロリソグラフィ技術またはマイクロアレイ技術を使って作成された、計測装置と定義することができます。バイオチップはバイオセンサと共通点が多くありますが、その製造にマイクロリソグラフィ製造技術を使用し、それ故チップとなる点でバイオセンサとは異なります。

    微細加工された流体チャネル構造(バイオチップ)への関心は、多数の強力なデモンストレーションが文献で発表されたことにより、ここ10年で著しく拡大しました。

    さまざまな電気泳動分離/クロマトグラフ分離、化学反応および酵素反応、非共有認識相互作用、検体濃度増強、および細胞操作を含めて、バイオチップ上で実施される化学/生化学の測定技術は多様です。

    これらの装置はきわめて少量の試薬の消費で結果をすばやく出すとともに、低コストかつ小型になっています。さらに、これらの装置を作るために使用される製造戦略、すなわちフォトリソグラフィでは、高度に類似したシステムを少ない費用増分で製造可能です。バイオチップは化学分析の領域に膨大な可能性をもたらします。しかし、それには有効な性能を保証する優れた製造技術が必要です。

    バイオチップでは、その内部での化学薬品(病原体)の効率的なフローを確保するために、優れたチャネル構造(高さと幅)と表面トポグラフィが必要です。テーラーホブソンはバイオチップメーカーに、品質と性能の向上を支援する広範囲な測定ソリューションを提供します。製品情報は次のリンクをクリックしてください。

  • カタログ +

    No brochure found.
  • アプリケーション例 +

    No application report found