歯科

  • Overview +


    歯の摩耗の分野では、多数の研究が年間ベースで実施されています。歯科用アマルガム(充填材)に関して、メーカーは浸食特性の確認および改善に関心を寄せています。これを達成するために、ISO/TS 14569-1などのISO規格に準拠して、平均的な口腔内での浸食活動を再現する浸食テストが実施されています。

    しかし、口内の歯および修復歯にかかわる摩耗のメカニズムはたいへん複雑です。さらに、これらのメカニズムは患者ごとに異なることもあります。歯科用アマルガムと練り歯磨きに関する標準摩耗試験では、歯ブラシと練り歯磨きを使用します。通常、試験では練り歯磨きを参照基質面上に特定回数こすりつけます。このプロセスで発生する浸食を監視します。

    充填ペーストや練り歯みがきなど、歯の外観改善を目的とする市販の口腔ケア用品が多数あります。練り歯磨きや美白製品は歯の上で摩耗を制限するだけでよいのに対して、充填ペーストは耐磨耗性を必要とします。歯科用品メーカーは通常、歯の摩耗やアマルガム(ペースト)の充填の特性評価に関心があります。

    テーラーホブソンは歯科用品メーカーおよび研究者に、歯科用ペーストやアマルガムの摩耗特性を監視する広範囲の計測ソリューションを提供します。製品情報は次のリンクをクリックしてください。

  • カタログ +

    No brochure found.
  • アプリケーション例 +

    No application report found