整形インプラント

  • Overview +


    整形外科インプラントは、股関節や膝、指、肩のような身体の関節に置き換えて使用される多数の人工装置を対象とする広範囲な用語です。過去においては高齢者向けの領域であった整形外科インプラントは、今では関節炎や損傷した関節に置き換えて年齢を問わずますます多く使用されるようになっています。寿命が延びたことと、より若年層患者にもインプラントを広く使用するようになったことが相まって、より長期間の耐久性を備えたインプラントのメーカーへの需要が著しく増加しています。

    股関節インプラントでは、大腿骨頭の形状特性が耐荷重性能にとってきわめて重大です。しかし通常、人工股関節故障の主要原因は摩耗、特に生成される粒子に起因する摩耗です。たとえば、最も一般的な大腿骨消失の原因は骨溶解です。完全な原因は不明ながら、それは微粒子状破片、特に重合体破片への異物反応を含む様々な要因に起因しています。したがって人工股関節摩耗の回避が非常に重要になります。この必要条件から、一般的には表面仕上げの許容誤差を高く保つことが求められます。人工股関節メーカーはISO 7206 (パートI VIII)を含む国際規格により統制されています。

    膝関節インプラント(および他の整形外科インプラント)での必要条件は、希望の性能規格に適合することを保証するために優れた構造と表面仕上げ特性を必要とするという点で人工股関節に似ています。テーラーホブソンは整形インプラントメーカーに、品質と性能の向上を支援する広範囲な計測ソリューションを提供します。製品情報は次のリンクをクリックしてください。

  • カタログ +

    No brochure found.
  • アプリケーション例 +

    No application report found