医薬

  • Overview +


    錠剤製造は通常、0.1~10μmの範囲の医薬品粒子形成から開始します。そのサイズと形状から製造工程に関する有用な情報が提供されるため、これらの粒子の特性を明らかにすることが重要なことが多いものです。粒子のサイズから、溶解速度、含量均一性、および沈降速度が影響を受けることも示されています。

    医薬製造工程の次の段階は、多くの場合、結合剤を使って粒子から粒剤を形成することです。生産される粒剤は一般的に数ミリ程度の大きさで、フロー特性の向上を示します。これを製造工程に相関させるために粒剤の粗さを一定にすることが有用です。錠剤製造における最終要素では、多くの場合、粒剤へのコーティング塗布が必要となります。コーティングにより、空気から医薬品を保護したり溶出挙動を制御することなど、さまざまな機能が与えられます。多くの場合、そのコーティングの表面特性を溶出速度と関連させることは、錠剤製造における必要条件です。

    医薬製造分野では、表面の特性制御に対する幅広い要件があります。さらに重要なことは、細菌汚染を最小限に抑えるために、工程内のパイプと押し型の表面仕上げを適切な品質に保つことです。製薬工場で使用されるパイプはステンレス鋼または合成樹脂で製造され、その表面仕上げの範囲は2μm ~ 0.2μm Rqとされます。緑膿菌のような一般的な桿形状細菌が幅約0.3~0.8μm、長さ1~1.2μmミクロンであるため、これらのパイプの表面仕上げが非常に重要です。表面仕上げが劣るパイプでは細菌が繁殖し、製造工程を汚染しかねません。製品情報は次のリンクをクリックしてください。

  • カタログ +

    No brochure found.
  • アプリケーション例 +

    No application report found