ダイヤモンド切削非球面レンズの形状測定

  • 概要 +


    非球面レンズは、今や、あらゆる産業、国防、消費財など様々な領域で必要とされています。テーラーホブソンの提供する測定機は、非球面レンズのメーカーの間で、極めて高い評価を得ています。

    単結晶ダイヤモンド切削法 (SPDT) は、高精度非球面レンズのスピーディーで効率的な生産を実現しました。要求される形状精度がサブミクロンオーダーであるため、生産工程における測定機での検査は不可欠です。テーラーホブソンのフォームタリサーフPGIアスフェリック測定機は、1ナノメートルの形状精度を実現し、光学部品ユーザのためのグローバルスタンダードを確立しました。フォームタリサーフについては、以下の詳細を参照してください。

    「アスフェリック解析」ソフトウェアユーティリティ

    テーラーホブソンの優れたアルゴリズムを利用した非球面レンズの解析用ソフトウェアです。PGIアスフェリックシリーズには、形状誤差・表面形状パラメータ、半径最適化、 SAG テーブル、アステイグマティズム解析の機能を標準搭載。さらに、部品の測定解析データから直接、非球面係数を割り出すことを可能にする独自の係数算出モジュールも提供しています。