研削・研磨非球面レンズの形状測定

  • 概要 +


    伝統的に、ガラスや結晶性の素材から作られた球面レンズは、研削と研磨によって仕様書通りの形状、表面形状に仕上げられます。

    非球面レンズも、通常、同じ方法で作られますが、高い処理効率と品質を実現するために、CNCテクノロジーを必要とします。シュナイダー / QED、オプトテック、LoHなど主要なサプライヤーが提供する現代のCNC研削・研磨機はいずれも、テーラーホブソンのフォームタリサーフPGIアスフェリック測定機と完全互換機能を有します。

    フォームタリサーフからの測定結果フィードバックは、研削・研磨によって出来上がった非球面形状の最適化を可能にし、1/10オングストロームの精度を実現します。タリサーフの詳細については、以下を参照してください。

    「アスフェリック解析」ソフトウェアユーティリティ

    テーラーホブソンの優れたアルゴリズムを利用した非球面レンズの解析用ソフトウェアです。PGIアスフェリックシリーズには、形状誤差・表面形状パラメータ、半径最適化、 SAG テーブル、アステイグマティズム解析の機能を標準搭載。さらに、部品の測定解析データから直接、非球面係数を割り出すことを可能にする独自の係数算出モジュールも提供しています。

  • カタログ +

    No brochure found.
  • アプリケーション例 +

    No application report found