マイクロレンズアレイの3次元測定

  • 概要 +


    マイクロレンズアレーは比較的新しいテクノロジーで、今日では光交換、DWDM、導波管など幅広い分野で利用されています。個々のレンズの大きさがわずか15um ほどであるため、サブミクロンの形状誤差とオングストロームオーダーの表面形状を測定するのは非常に困難で、特殊な測定法が必要です。

    タリサーフCCIシリーズは、この難題に対処しています。タリサーフの詳細については、以下のリンクを参照してください。

    「タリマップ三次元解析」ソフトウェア

    精密測定用に特別に設計されたタリマップのオプションは次の通り。ズーム、フィルタリング、最小二乗法によるレベリング、対称、回転、しきい値設定、円筒、球、ポリノミナル面の消去、その他多数。二次元プロファイルの抽出、アスフェリック解析ユーティリティへの転送も可能(以下参照)。

    「アスフェリック解析」ソフトウェアユーティリティ

    テーラーホブソンの優れたアルゴリズムを利用した非球面レンズの解析用ソフトウェアです。PGIアスフェリックシリーズには、形状誤差・表面形状パラメータ、半径最適化、 SAG テーブル、アステイグマティズム解析の機能を標準搭載。さらに、部品の測定解析データから直接、非球面係数を割り出すことを可能にする独自の係数算出モジュールも提供しています。

     

  • カタログ +

    No brochure found.
  • アプリケーション例 +

    No application report found