軍用車両および兵器

  • 概要 +


    軍用車両と兵器の製造

    製造される部品には、軍用車両/兵器アプリケーションの厳しい要件を満たすために、非常に高いレベルの品質、耐久性、精度と信頼性が要求されます。

    測定ソリューション

    テーラーホブソンの製品は、設計と製造を改善するために欠かせないフィードバックを与え、表面仕上げ、輪郭、形状、半径、真円度、高調波分析、アライメント、真直度、平坦度、平行度や直角度などの特性を深く理解するのに役立ちます。

    • 砲身のアライメント
    • 弾薬
    • 戦闘車両の性能の改善
    • 火器のアライメント
    • 対戦車ミサイルランチャー
    • 火器の照準システム
    • 照準器
    • ミサイルプラットフォームのレベリング
    • 魚雷管のアライメント
    • 潜望鏡のアライメント



    砲身のアライメント

    小型および大型の砲身の真直度をチェックするためのさまざまな方法があります。テーラーホブソンが設計・製造した光学システムは、戦車と砲身の真直度の確認に伴う困難な課題へのシンプルかつ正確なソリューションを提供します。

    重力により、砲身は自然に垂れ下がる傾向があります。さらに、機械加工および製造プロセス中に生じる、一定量の「曲がり」が存在します。銃を発射した時の、砲弾の真の軌道を保証するために、メーカーは補償が可能な「垂下」と「曲がり」を測定して記録する必要があります。

    CCDを備えたテレスコープ、コリメーターまたはターゲットがスレッジ型の配置で取り付けられ、砲身を上下に移動させます。ターゲットの配置は、すべての砲身に存在する螺旋状のライフリング (施条) に対応できなければなりません。


    弾薬

    防衛産業向けの弾丸や砲弾を大量生産するには、高精度のダイとパンチが必要です。フォーム タリサーフ® PGI NOVUSを使用して、プロファイルの誤差と部品の直径を正確に測定することで、弾薬の品質を分析できます。

    製造プロセス管理で使用するネジゲージの測定能力は重要です。複数のねじ山のプロファイルを素早く自動的に測定することで、ゲージのより広い領域をより短時間で分析できます。



    火器のアライメント

    当社の精密デジタル傾斜計は、「射角制御」として知られる銃の角度を決定するために使用されています。ユーザーが分度器タイプのデバイスの値を読み取る必要がある古い従来のデバイスの代わりに、大きくて読み取り可能な直接表示を採用しています。


    対戦車ミサイルランチャー

    対戦車ミサイルランチャーには、3つの光路があり、ランチャーの精度を高めるために、これらをすべて平行に位置合わせする必要があります。 3つのオートコリメーターを使用して、レーザー、照準器、砲身が平行になるよう、位置合わせします。


    戦闘車両の性能の改善

    装甲車両は比較的高速で移動できるため、履帯のドライブシャフトのベアリングが正確に位置合わせされ、履帯のサスペンションローラーが互いに平行で、駆動軸に対して直角に配置されていることが重要です。これがずれていると、過度の摩耗や振動が生じ、場合によっては履帯が破損し、車両が損傷することもあります。通常、誤差が試験場以外で発見されることはなく、誤差を修正するために、大掛かりな解体を行うことになります。アライメント装置を使用して、製造の初期段階でアライメントを確認できます。



  • カタログ +

    No brochure found.
  • アプリケーション例 +

    No application report found