船舶と潜水艦

  • 概要 +


    船舶と潜水艦の製造

    製造される部品には、船舶/潜水艦アプリケーションの厳しい要件を満たすために、非常に高いレベルの品質、耐久性、精度と信頼性が要求されます。

    測定ソリューション

    テーラーホブソンの製品は、設計と製造を改善するために欠かせないフィードバックを与え、表面仕上げ、輪郭、形状、半径、真円度、高調波分析、アライメント、真直度、平坦度、平行度や直角度などの特性を深く理解するのに役立ちます。

    • 魚雷管のアライメント
    • 潜望鏡のアライメント
    • 船舶/エンジン - アライメント
    • ラダーベアリング - アライメン
    • 隔壁
    • 船舶エンジンのリファービッシュ
    • P型ブラケット
    • 砲身のアライメント



    魚雷管のアライメント

    簡単な操作で、0.05 mm (0.002 インチ) の精度で魚雷発射管の真直度と直径を点検する手法。

    この手法では、長くて邪魔になるプラグゲージが不要で、点検を行う際に船舶を乾ドックする必要もありません。魚雷が管内をスムーズに通過するために必要なプロファイルを指定するテンプレートと比較するため、記録されたデータを使用して、管内のプロファイルのグラフを準備します。


    潜望鏡のアライメント

    潜望鏡は潜水艦の目です。正しく位置合わせされていないベアリングで潜望鏡を操作する場合は、この抵抗を克服するために、モーターがより多くの電力を消費することになります。その結果として生じる電力サージは、高レベルの騒音を発生させるため、敵の捜索機に容易に探知されてしまいます。

    潜望鏡は潜水艦のフィンと耐圧殻構造内の一連のベアリングに取り付けられます。これらのベアリングのアライメントは非常に重要で、位置にずれがあると、潜望鏡が歪み、ベアリング自体が損傷する恐れがあります。



    船舶/エンジン - アライメント

    造船技師と海洋エンジニアは、船舶の推進機械のアライメントの正確さを確認する際の問題点をよく認識しています。その固有の問題は、プロペラシャフトと船尾管軸船と関連付けて、エンジンの位置を合わせなければならないことです。この方法の原理は、エンジン軸と同軸のマイクロアライメントテレスコープをセットアップすることです。


    ラダーベアリング - アライメント

    テレスコープが作り出す直線的な視線を使用して、船の舵のベアリングを位置合わせできます。


    P型ブラケット

    物体との衝突後は、エンジン/ギアボックス、プロペラシャフトのベアリングとP型ブラケットベアリングの整列がずれていないか確認することが重要です。ミラーターゲットは調整可能なホルダーに取り付けられ、ギアボックスのスピンドルに取り付けられます。ランプハウスを取り付けたテレスコープは、ミラーターゲットと直角に一直線に配置されます。



    Refurbishment of Diesel Engines using Boring Bar

    A common use of boring bar alignment is refurbishment of large diesel engines such as ship and locomotive engines. The problem involves worn bearings needing to be realigned before being rebushed and the bush recut using a boring bar.

    The solution, a reference line of sight is made by sighting through the front and rear bearing. Bushes (shells) are then placed in each of the bearings, and all aligned in anticipation of the boring bar. Normally a hollow boring bar is used, and wire targets are placed inside the bar at regular intervals to monitor its straightness as it moves into and along the engine bearings. Wire targets are often used because they do not have any glass and therefore do not refract the light and cause optical errors. If glass is used light will be refracted through each target and error produced.

    Without moving the telescope, the telescope is refocused on the boring bar at the various cutting positions to ensure the boring bar is travelling in a straight line and that any sag is removed. A camera system with dedicated software makes the adjustment of the boring bar easier since the image can be viewed by the operator as adjustments are made.

    In some rare cases, a solid boring bar is used. Here a mirror target can be put onto the front nose of the boring bar and the telescope used in auto-reflection or autocollimation mode. In these modes a mirror target enables the telescope to be put in line and square to the boring bar.



  • カタログ +

    No brochure found.
  • アプリケーション例 +

    No application report found