軍用レンズ

  • 概要 +


    光学部品製造

    レンズとそのハウジングの品質は光学製品とアセンブリの性能にとって重要です。

    測定ソリューション

    テーラーホブソンの製品は、設計と製造を改善するために欠かせないフィードバックを与え、表面仕上げ、輪郭、形状、半径、真円度、高調波分析、アライメント、真直度、平坦度、平行度や直角度などの特性を深く理解するのに役立ちます。

    • バーチャルリアリティ (VR) ゴーグ
    • 無人航空機 (UAV)
    • ヘッドアップディスプレイ (HUD)
    • 拡張現実 (AR)
    • フォールドミラー (衛星)
    • 軸外放物面鏡 (衛星間通信、テレスコープなど)
    • 衛星用カメラ (スター・トラッカー)
    • サーモグラフィ検査 (機械、車両)
    • ミサイル誘導 (潜水艦、航空機)
    • 暗視装置
    • 照準器
    • 火器の照準装置
    • 双眼鏡
    • 観測用カメラ
    • 照明システム
    • 半球 (ジャイロスコープ、ドーム)
    • ライフルの照準器やレンジ・ファインダーなどのオフアクシスウィンドウ
    • バイザー



    非球面、球面、平面 - 照明・イメージングシステム

    LUPHOScan プラットフォームはMWLI® (多波長干渉法) 技術に基づく干渉法スキャン計測システムです。本シリーズは、例えば非球面、球面、平面などの、主に回転対称な表面の超精密非接触式3D形状測定を目的として設計されています。スキャン方式のため、非球面のずれが大きい場合でも対応できます。

    フォーム タリサーフ® PGI オプティックスは、精密光学計測のための汎用的システムです。これは入門レベルのシステムで、製造中の2D分析補正プロセスに理想的です。



    非球面・回折レンズ - サーモグラフィ検査と赤外線

    非球面回折素子は、回折によって位相挙動を変えるために、段差を意図的に使用します。アプリケーションの物理的な目的は異なりますが、非球面・回折レンズはフレネルレンズと同じ方法で測定・分析できます。断続的な面の連続測定は、UPHOScan の非接触式測定機能を使用することで実現できます。

    フォーム タリサーフ® PGI オプティックスは、ステップ高さと領域幅の詳細な分析を追加することで、断続的な面を測定することも可能です。



    フレネルレンズ- バーチャルリアリティゴーグルとイルミネーション

    LUPHOScanを用いたフレネルレンズの画期的な分析手法。フレネルレンズ設計の主な目的は、光学的特性を変えずに、厚みと質量を低減することです。アプリケーションの物理的な目的は異なりますが、非球面・回折レンズとフレネルレンズは同じ方法で測定・分析できます。

    フレネルレンズの最大55°の勾配で、光学表面の完全な3D評価を行うことができ、勾配全体 (フレネルレンズの構造+基板のベース形状) では最大90°.まで可能です。



    自由曲面 - ヘッドアップディスプレイ (HUD)

    ヘッドアップディスプレイを使用するパイロットは、従来の飛行計器システムを使用する場合よりも高い精度と正確さで、航空機を操縦することができます。HUDのレンズ表面形状誤差とその整合のずれは、周囲環境の知覚を阻害する可能性があるため、HUDの品質は、安全性に直結します。LUPHOScanは、高精度ミラー/光学部品の完全な自由曲面を取得できます。例えば、精度の低い極端な形状の自由曲面 (照明用光学部品など)には、フォーム タリサーフ® PGI フリーフォームを使用できます。



    • カタログ +

      No brochure found.
    • アプリケーション例 +

      No application report found