宇宙アプリケーション

  • 概要 +


    宇宙機器製造

    宇宙産業での部品製造は性能、品質、信頼性に於いてしばしば極めて厳しい条件を必要とします。

    測定ソリューション

    テーラーホブソンの製品は、設計と製造を改善するために欠かせないフィードバックを与え、表面仕上げ、輪郭、形状、半径、真円度、高調波分析、アライメント、真直度、平坦度、平行度や直角度などの特性を深く理解するのに役立ちます。

    • サーボコントロールバルブの部品 (フローコントロールバルブ、油圧アクチュエータ)
    • 燃料噴射用部品
    • 圧力センサーと流量センサーの部品
    • ブレードとブリスク
    • 再使用型打ち上げロケットの部品
    • スラスタアセンブリ/スラスタ
    • 打ち上げロケットのアセンブリ用治具
    • ロケット用ターボポンプのアセンブリ
    • ジャイロスコープ
    • ロケット用の精密機械アセンブリ
    • メカニカルヒューズ
    • 電子ビーム溶接部品
    • 半球型共振器ジャイロスコープ
    • サンシールド部品の機械加工と検査
    • 衛星測位用光学部品
    • イメージング用光学部品
    • 衛星の電子機器用筐体



    衛星用カメラ (スター・トラッカー)

    LUPHOScan プラットフォームはMWLI® (多波長干渉法) 技術に基づく干渉法スキャン計測システムです。本シリーズは、例えば非球面、球面、平面などの、主に回転対称な表面の超精密非接触式3D形状測定を目的として設計されています。

    スキャン方式のため、非球面のずれが大きい場合でも対応できます。



    スラスタアセンブリ/スラスタ

    テーラーホブソンのマイクロアライメント テレスコープは、スラスター内の耐火材を同心円状に組み立てるために使用されています。

    ロケット用ターボポンプのアセンブリ

    テーラーホブソン独自のスタッキングシステムは、エンジニアがロケットのターボポンプの組み立てプロセスを改善するのに役立ちます。ターボポンプのアセンブリは、従来の手法に比べ、より正確で、その2倍の速度を実現します。

    そのため、打ち上げに十分に先んじて、ロケット部品を組み立てることができます。衛星とISSの打ち上げは年々増加しており、重要なコンポーネントを期日以内に組み立てることは、業界が目標を達成し、それを上回るのに役立ちます。



    ケーススタディl: 国際宇宙ステーションの、損傷したベアリングアセンブリの重要な表面分析

    フォームタリロンド® PGI 表面測定システムおよびタリロンド® 真円度/円筒度測定システムを使用した測定と分析。

    この分析により、NASAの専門家は、ステーションのソーラーパネルアレイを回転させて太陽を追跡できるようにするための直径10フィートのリング、ソーラーアルファロータリージョイント (SARJ) の損傷の原因を特定することができました。原因が特定され、問題が修正されるまで、ステーションの右舷のソーラーアレイは、正しく回転せず、最適な発電を行うことができませんでした。

    損傷したトランドルベアリングアセンブリ (右舷のSARJに搭載された12基のうちの1つ) は、取り外され、スペースシャトルで地球に戻されました。トランドルベアリングの各軸受アセンブリには3つのローラーがあり、各ローラーは本質的に、内部回転要素軸受にテーパースリーブが取り付けられたテーパーローラーベアリングです。筐体内でのローラーの位置の他に、テーラーホブソンの測定装置のスタイラスのクリアランス要件にも固有の課題がありました。

    チームは、軸方向プロファイルには、オプションのラジアル真直度ユニットを装備した高精度真円度/円筒度測定装置であるタリロンド®に頼りましたが、円周方向プロファイルには、表面測定装置であるフォームタリーサーフ®PGIを使用しました。部品の独創的な配置を用いることで、チームは独自の汎用性を活かし、実際には、「真円度」測定機を使用して直線状のフィーチャを測定し、「真直度」測定機を使用して円形のフィーチャを特定することができました。



  • カタログ +

    No brochure found.
  • アプリケーション例 +

    No application report found