エアロスペクト SPS 150DT

  • Overview +


    エアロスペクトSPS 150DT は、グラナイトテーブルと、その上に設置されたエアベアリングスピンドルとで構成され、頑丈なサポートフレームがそれらを支えています。小さな底面積と人間工学に基づいた設計のお陰で、本機は小型タービンの部品や組立て品を扱うのに最適です。

    測定は、2本の支柱に取り付けられた4つの高精度ゲージ(オプションで8つも可)によって行われ、非常に複雑な形状の部品であっても、様々な特徴を測定することが可能です。

    主要なエンジンメーカーと共同で開発された本機は、ウインドウズOS対応の「エアロスペクト」ソフトウェアを使用しています。同ソフトウェアは、組み立てや製造の際に必要とされる、あらゆる測定パラメータを提供します。本機の性能は、以下の通りです。

    • エアベアリングスピンドルのマスタ軸の回転精度は、ラジアル、アキシャルともに< 0.125um
    • センタリング、レベリングの完全機能付き、最大荷重は1136Kg
    • 4つのゲージ(オプションで8つも可)を使った同時測定が可能な複数ゲージ配置
    • 深い穴部にも対応できるドロップアームを備えたガントリーシステム
    • セットアップが容易で、現場でのプログラミングが可能な「エアロスペクト」スタック予測ソフトウェア
    • ソフトウェアのセンタリング、レベリング補助
    • 真円度、平面度、振れ、SP値、角度を含む多様なパラメータ
  • カタログ +

  • アプリケーション例 +

    No application report found