イントラ タッチ/イントラ ウルトラ

  • Overview +


    ポータブルタイプでありながら、面粗さ測定だけでなく形状の測定も可能、それがイントラシリーズです。

    携帯性を機能と組み合わせることで、イントラは工場作業場における最適な表面粗さ測定機となりました。様々なアプリケーションに適合するよう、多数の解析機能をご提供します。次のような特徴があります。3D輪郭測定、円錐、非球面形状の解析、デュアルプロファイルおよびゴシックアーチの解析をはじめ、多彩なツールをお使いいただけます。

    イントラ・タッチもしくはイントラ・ウルトラ

    頑丈な筺体に収納されているイントラは、最小限のメンテナンスやサポートでの測定精度維持を実証してきました。最新のイントラシリーズでは、高機能なDTP機能でレポート作成の自動化や多様な解析機能を利用でき、タッチスクリーン操作に対応した「タリプロファイル」ソフトウェアを使用する「イントラ・タッチ」もしくはフォームタリサーフやタリロンドシリーズと共通の測定・解析ソフトウェアで追加のオペレータトレーニングが不要な「Ultra」を使用する「イントラ・ウルトラ」が選択できます。両モデル共通のイントラ測定機本体は、その品質、フレキシビリティ、使い易さで、多様な業界にわたって生産現場の標準としてなってきています。Raのような単純な粗さパラメータだけでなくより高度な分析、より高いレベルの精度、またはより大きなフレキシビリティが必要な場合には、フォームタリサーフイントラは最適な製品といえます。業界トップの仕様を簡単操作さと組み合わせ、比類ない実用性と価値を誇っています。

    • 1mmの垂直測定範囲/ 16nmの分解能 もしくは2mmの垂直測定範囲/ 32nmの分解能
      精密金属成形および他の用途に対して、形状(等高線)および表面仕上げ測定機能を提供します。
       
    • 50mm水平方向トラバース
      多くの生産現場での用途に最適です。ユニットは精度と携帯性を兼ね備えています。
       
    • 0.40um / 50mmの真直度エラー
      高精度の水平移動基準面により、大型コンポーネントでもスキッドなしで、波形、形状、等高線の横滑りのない測定が可能。
       
    • 0.5umの水平方向データ間隔
      小さなコンポーネントやワークの一部を、従来より効率的に測定できます。加減速距離を短くすることにより、使い易さがさらに向上しました。
       
    • 手動コラム
      大型または背の高いコンポーネントでは、安定した作業台を提供。手動コラムを使用して、処理能力が向上。
  • カタログ +

  • アプリケーション例 +

    No application report found