Skip to content

基準円

ゲージからの出力は、二次曲線のような極座標プロファイルまたはグラフとして表すことができます。この視覚的表現は便利ですが、そこから実際の数値を計算するのには手間がかかる上、値が主観的になります。したがって、正確で再現性のある答えを得るための情報処理手段が必要です。

本当の真円からどれだけ逸脱しているかを評価するのに、基準となる円をプロファイルに当てはめさせ、それを基準に計算するというのは合理的な方法です。
さまざまな種類の基準円を使用して真円度を評価する方法があり、基準円はすべて部品の中心を確立するために使用されます。次に部品中心からの半径方向の偏差として、真円度が確立されます。