Skip to content

基準円筒とその種類

基準円筒とは、解析データからの偏差を測定するため、解析データに当てはめる幾何学円筒です。国際的に認められた基準円筒が4つあります。最小二乗円筒、最小領域円筒、最大内接円筒、最小外接円筒です。
 
最小二乗(LS)


最小二乗(LS)円筒は、最小二乗円筒軸からの全ての測定データの半径方向の偏位の平均から構成されます。

最小領域法


最小領域法円筒は、全ての測定データを囲い込むことの出来る二つの同軸な円筒で、円筒間の距離が最小のものです。
 


最小外接


最小外接円筒は、データを外側から完全に囲い込むことできることが出来る円筒のなかで、最小の半径を持つ円筒です

最大内接


最大内接円筒は、データが内側から完全に囲い込むことが出来る円筒のなかで、最大の円筒です