Skip to content

サンプリング長さ、基準長さ

データをカットオフでフィルタリングした後、サンプリングします。サンプリングは、データを等しいサンプル長さに分割して行います。「サンプル長さ」または「基準長さ」とも呼ばれますが、カットオフと同じ数値です。すなわち、0.8mmのカットオフを使用すると、フィルタ処理されたデータは0.8mmのサンプル長さに分解されます。これらのサンプル長さは、表面の統計解析が良好になるように選択されます。ほとんどの場合は、解析に5つの基準長さを使用します。