Skip to content

円筒度とその測定

円筒度の値は、システムの効率と費用対効果を改善する助けとして、より重要になりつつあります。特に注目されるのは、自動車の燃料噴射です。燃費の改善のため、部品の高精度化が求められています。

T部品の円筒度を定義するには多くの方法があり、良い例として、最小領域法が挙げられます。これは、半径方向の差が最小になるように測定面に当てはめられた2つの同軸の円筒の半径方向の間隔として説明できます。

実際の検査では、円筒度公差が設定されます。上記の場合、「部品の表面は、指定した公差量の半径方向の間隔を有する2つの同軸円筒面間にある必要があります」 と記載できます。