Skip to content

表面性状

あらゆる表面には、一続きの山と谷の形をした何らかの「性状(テクスチャ)」があります。これらの山頂と谷底は高さと間隔がさまざまで、その特性は表面が作られた方法に左右されます。例えば、切削により作られた表面の山谷の間隔は、一定の方向に等間隔になる場合が多く、研削によって作られた表面の間隔はランダムです。

表面の粗さには多くの要因があり、それらの組み合わせによって表面のプロファイルが特徴付けされます。例:

  • 材質の微細構造
  • 切削工具の挙動
  • 材料上の切削工具の不安定さ
  • 工作機械ガイド面の誤差
  • 部品にかかる応力パターンによる変形