Skip to content

適切な測定長さ

測定長はカットオフの数値によって決まります。カットオフ自体は検査対象の表面の種類によって決まります。

一般的に、測定は選択したカットオフの6〜7倍の長さの測定によって構成されます。例えば、 0.8mmの7つのカットオフを選択した場合、合計の測定距離は 5.6mmとなります。。次にフィルタの種類によって、1~2個のカットオフ長のデータが削除され、残りのカットオフが評価に使用されます。これは粗さを測定する場合にのみ適用されます。

うねりやプライマリプロファイルの測定については、アプリケーションと表面の性質によって必要となるデータ長さが異なります。一般に、データ長さは、表面の粗さを十分正確に表現できる長さである必要があります。