Skip to content

フィルタの種類

黎明期の測定機器はアナログ(電気回路)フィルタを使用していました。これらの種類のフィルタは 2CRフィルタとしても知られています。2CRは、2つのコンデンサと2つの抵抗器(レジスタ)という意味です。これらの電気フィルタは国際標準によって認知・受容されていますが、電気部品の性質に起因する位相歪みの影響を受けます。この影響を取り除くために、2CR PCフィルタと呼ばれる別の種類のフィルタがあります。この場合、PCは「位相補償型(Phase Corrected)」の略です。この種類のフィルタでは2CRよりも歪みは少なくなっていますが、電気フィルタである為、ある程度の歪みは残ります。

最新機器は、ガウシアンフィルタなどの位相補償型フィルタを使用します。これらの種類のフィルタはフィルタの歪みを大幅に緩和しますが、コンピュータ処理による数学的アルゴリズムによってフィルタリングが行われる場合のみ実装可能です。

最新コンピューターベースの機器では、アナログフィルタがデジタルでシミュレートされているため、新しい機器と古い機器との間で互換性があります。