Skip to content

適切なカットオフの選択

一般的に、粗さのカットオフを選択し、必要な表面の特性を評価します。これらは通常、機械加工プロセスによって生成されたツールマークまたは加工痕です。これらツールマーク等を統計的に解析して意味のある結果を得るには、通常、解析したい波長の10倍のオーダーでカットオフを選択します。これら波長は、部品の旋削痕である可能性があります。
警告:カットオフ長は、部品の大きさではなく、部品の特性によって決定してください。間違ったカットオフを選択すると、結果に深刻な影響を与える可能性があります。